ホンダ「モンキー」に個性を際立たせた新色を追加して発売

本田技研工業(ホンダ)は28日、50ccのレジャーバイクモデル「モンキー」に、アドベンチャーをコンセプトに専用装備を施した新色「ハーベストベージュ」を追加設定し、2月12日に発売すると発表した。

「モンキー(ハーベストベージュ)」

今回追加する新色は、コンパクトで愛らしい伝統のスタイルにアドベンチャーのイメージを表現するため、落ち着いた「ハーベストベージュ」を主体色に、オレンジ色を各部へ配することでモンキーの個性を際立たせた。タンクにはヘルメットとゴーグルをつけた「猿」をモチーフにした専用デザインのタンクバッジを採用するなど、所有欲を満たすモデルとしている。

その他にも専用仕様として、「猿」がモチーフの立体バッジを施したメインキー、カモフラージュ模様とオレンジ色のパイピングを施したシート、オレンジ色の結晶塗装を施したシリンダーヘッドカバー、ブラックのクランクケースカバー、専用デザインのステッカーを貼付したサイドカバー、メッキを施したエキゾーストパイプカバー、オレンジ塗装を施したリアショックダンパー、ブラックのリアキャリアを採用した。

なお、従来色の「プラズマイエロー」「グラファイトブラック(モンキー・くまモンバージョン)」のカラーは継続販売される。モンキー(ハーベストベージュ)の価格は33万6,960円(税込)。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事