「黄熊」「泡姫」「皇帝」…何て読む? - 歴代キラキラネームをまとめてみた

 

リクルーティング スタジオは1月28日、「2015年ベスト・オブ・キラキラネーム」を発表した。調査は2015年11月16日~30日の期間にインターネット上で行われ、150票の有効回答票を得た。

「2015年ベスト・オブ・キラキラネーム」の1位から15位

同調査は、同社が運営する「無料 赤ちゃん名づけ」アプリと「赤ちゃん名づけ実績No.1/無料 赤ちゃん名づけ(Web)」において発表された「2015年 年間キラキラネームアクセスランキングベスト30」をもとに行われたもの。アクセスランキングに入った名前の中から、最もキラキラネームだと思う名前を選んでもらい、投票により決定した。

投票を集計した結果、1位となったのは「皇帝」(しいざあ)くんだった。「皇帝」くんは「2015年 年間キラキラネームアクセスランキングベスト30」でも1位にランクインしていて、多くの人が2015年を代表するキラキラネームと判断したと考えられる。次いで2位には「一心」(ぴゅあ)ちゃん、3位には「大海」(おーしゃん)くんが続いた。

「2015年ベスト・オブ・キラキラネーム」の16位から30位

また共に「きてい」と読む「姫星」ちゃん(4位)と「希星」ちゃん(6位)も上位に入っていて、同社は「キャラクターの名前に依然注目が集まる傾向もみられます」とコメントしている。

同社が過去に行った「ベスト・オブ・キラキラネーム」の結果を見てみると、2014年は上から順に、「黄熊」(ぷう)くん、「今鹿」(なうしか)ちゃん、「皇帝」(しーざー)くんがトップ3にランクイン。2013年は、1位が「泡姫」(ありえる)ちゃん、2位が「黄熊」(ぷう)くん、3位が「姫星」(きてぃ)ちゃんだった。

関連キーワード

人気記事

一覧

2016年8月24日の運勢

イチオシ記事

新着記事

グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電
炊飯器だけで家族の夕食は作れる! 子どもが喜ぶトマトチキンライスプレート
[11:30 8/24] ライフスタイル