キャデラック「CTS-V」「ATS-V」スポーツセダンVシリーズの最新モデル発売

山津正明  [2016/01/28]

ゼネラルモーターズ・ジャパンは27日、スポーツセダンのハイパワーバージョンであるVシリーズの新型キャデラック「CTS-V」「ATS-V」を販売開始すると発表した。それぞれ649PS・470PSの最高出力を誇る。

キャデラック「CTS-V」

キャデラック「ATS-V」

「CTS-V」は6.2リットルのスーパーチャージャー付V8エンジンを搭載する。以前のスーパーチャージャーより高効率で、よりコンパクトな1.7リッタースーパーチャージャーを採用し、直接噴射とアクティブフューエルマネジメント(気筒休止)を組み合わせた。トランスミッションは俊敏なシフトレスポンスを実現するためのチューニングが施された8速オートマチック。ギア間のステップを小さくすることで、エンジンを最適な回転数に維持し、エンジンの出力が爽快なパフォーマンスと効率的に生かされるように設定されている。

サスペンションは横方向のコントロール性を向上させたマルチリンク・ダブルピボット・マクファーソンストラットをフロントに採用。リアの5リンク・サスペンションはロールセンターの移動を低減し、横方向のコントロール性の強化している。ホイールは先代「CTS-V」のものより45%剛性が向上。マルチ・コンパウンドトレッドを特長とするタイヤを装着し、優れたグリップ力と乗り心地、耐摩耗性を高次元でバランスさせた。

一方、「ATS-V」は3.6リットルのツインターボ・エンジンを搭載。低慣性チタンアルミナイド製タービンを備えたターボチャージャーでレスポンスの良いトルクを生み出す。特許出願中の高効率チャージ・クーリング・システムは、効率を最適化し、ブースト圧を最大化する効果がある。駆動系には第3世代のマグネティックライドコントロールとパフォーマンス・トラクション・マネジメントを搭載。4つのモード選択可能なドライバーモード・コントロールには、高い安定性とトラクションコントロールをもたらすセグメント随一のサーキットモードを備えている。

「CTS-V」「ATS-V」は全国のキャデラック正規ディーラーネットワークで販売。価格は、「CTS-V」の「Spec-A」が1,330万円、「Spec-B」が1,470万円、「ATS-V」の「Spec-A」が990万円、「Spec-B」が1,090万円(すべて税込)となっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

離職者が感じた「働きづらい上司」の特徴ランキング、1位は?
[12:37 6/1] マネー
ソフトバンク、アリババ株式を一部売却 - アリババ株79億米ドルを資金化
[12:34 6/1] 企業IT
高島彩、第2子次女出産! ゆず北川悠仁「二児の親父、頑張ります!!」
[12:26 6/1] エンタメ
【レビュー】COMPUTEX TAIPEI 2016 - AMDが199ドルの"Polaris"ベースGPU「Radeon RX480」を電撃発表
[12:21 6/1] パソコン
バンダイ「LINE」公式アカウントが6/7オープン、たまごっちスタンプを配布
[12:12 6/1] ホビー

本音ランキング