ジョニデが広島弁で大暴れ!? 主演作の『仁義なき戦い』パロディ動画が話題

 

アメリカ史上最悪の汚職事件を描くジョニー・デップ主演『ブラック・スキャンダル』(1月30日公開)の公開を前に、本作と同じ実録ヤクザ映画『仁義なき戦い』をパロディした動画がネット上にアップされ、注目を集めている。

『仁義なき戦い』をパロディした動画が話題に

『仁義なき戦い』は、ヤクザ同士が裏切りに裏切りを重ね、抗争を繰り返すヤクザ映画シリーズとして愛され続けている名作中の名作。ファンが手掛けた今回の映像は、『仁義なき戦い』のテーマ曲が全編に鳴り響き、ハリウッドの実録ギャング映画『ブラック・スキャンダル』と日本が生んだ伝説の実録ヤクザ映画『仁義なき戦い』を見事にオーバーラップさせた出来栄えとなっている。

テーマ曲はもちろん、ザラついた映像で70年代当時を完全再現。ブレた画のまま止める演出や、達筆なテロップでくりだされる昭和的キャッチコピー・惹句(じゃっく)の数々、キャストクレジットの流れ方まで、ファンも思わずうなるパロディ演出が満載だ。

さらに、「ワシらの3人の利害は同じじゃ、手を組まんか?」「あのバルジャーが裏の実力者になったらしいのう」などとセリフが広島弁。本作では、ギャングのバルジャー、FBI捜査官のコノリー、大物政治家のビリーの3人が結んだ血の盟約が、イタリアンマフィア対アイリッシュギャングの抗争へと発展するのだが、ジョニー・デップ演じるバルジャーが「FBIに敵の情報を流しゃあ、ワシらの天下よ!」と言い放つ姿は、今は亡き菅原文太さんを連想させる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

福士蒼汰&芳根京子で2夜連続ドラマ化『モンタージュ』など36作無料試し読み
[12:00 6/25] エンタメ
戸次重幸、主演の"ケツテロ"ドラマ最終回に「過剰な期待は一切しないで」
[12:00 6/25] エンタメ
TVアニメ『魔法つかいプリキュア!』、第21話の先行場面カットを紹介
[12:00 6/25] ホビー
通勤などの電車内では何してる? - 「スマホ操作」が最多に
[12:00 6/25] マネー
グルテンフリーの生地で夏野菜を包んだ「サラダガレット」が登場
[12:00 6/25] ヘルスケア

本音ランキング