深津絵里、中村七之助と初共演で美しさにウットリ「軽やかで美しい方」

  [2016/01/28]

2月29日より上演される舞台『「ETERNAL CHIKAMATSU」近松門左衛門「心中天網島」より‐』の制作発表が27日、都内で行われ、深津絵里、中村七之助、伊藤歩、中嶋しゅう、音尾琢真、演出のデヴィッド・ルヴォーが出席した。

舞台『「ETERNAL CHIKAMATSU」近松門左衛門「心中天網島」より‐』の制作発表に出席したデヴィッド・ルヴォー、深津絵里、中村七之助(左から)

同舞台は、近松門左衛門の代表作『心中天網島』をベースに、現代と江戸時代を融合させて究極の愛を描いた作品。その後、様々な作品でトニー賞を受賞・ノミネートされている演出家・デヴィッド・ルヴォーのオリジナルアイデアに基づき、作家・谷賢一が書き下ろした最新戯曲となっている。

この日は主演キャストとデヴィッド・ルヴォーが勢揃い。売春婦のハルを演じる主演の深津は「この企画のお話をうかがった時にこれまで何度も上映されている近松門左衛門の話をデヴィットさんがどういう風に演出するのか興味を持ちました」とオファー時の感想を。初共演となる中村七之助については「なかなか共演する機会のない七之助さんとご一緒できると聞いて、とても嬉しくてワクワクしたのを覚えています。まだ信じられないんですが、七之助さんは軽やかなで美しい方。もちろんお姿も美しいんですが、モノを作る姿が素晴らしくて、一緒にお芝居をイチから作っていける喜びを稽古場で感じています」と絶賛すれば、伊藤歩も「美しさは敵わないと思うので、愛の深さで競い合っていけたらと思っています」と中村の美しさには脱帽していた。

そんな深津と伊藤に絶賛された中村は「公開処刑はやめてください…」と照れ笑いを浮かべつつ、「美しさは外見だけではないです。内面から出る美しさには敵わないと思うので、そこを稽古でやっていきたいと思います」と更なる美しさを求めている様子。また、同作品はデヴィット・ルヴォーと故・中村勘三郎氏が出会って立ち上がったプロジェクトで、勘三郎氏の息子でもある中村は「近松の作品は歌舞伎役者でデヴィットさんに演出されたいと父(中村勘三郎)が願っていました。この作品はそれを遙かに超えたスケールのものになっていますので、1日1日を楽しんで後悔のないようにやっていきたいです」と父の果たせなかったプロジェクトに意欲を見せていた。

舞台『「ETERNAL CHIKAMATSU」近松門左衛門「心中天網島」より‐』は、2月29日~3月6日に大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、3月10~27日(14・21日は休演)に東京・Bunkamura シアターコクーンにて上映される。

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

藤原竜也、洋画実写吹き替え初挑戦! 続『インデペンデンス・デイ』主人公役
[04:00 5/25] エンタメ
舞台「ダイヤのA」は薬師戦!真田役は上田堪大、栄純・降谷・御幸は続投
[00:00 5/25] ホビー
アニメ「orange」橋の上で空を見上げるメインキャラ6人のビジュアル
[00:00 5/25] ホビー
「聲の形」の大今良時、今秋にファンタジー新連載開幕!マガジンに予告
[00:00 5/25] ホビー
[浅田真央選手]姉・舞とNMB48冠バラエティーに出演 号泣するメンバーも
[00:00 5/25] エンタメ

本音ランキング

特別企画 PR