マンCが2戦合計で逆転、キャピタル杯決勝進出…リヴァプールと対戦

 

決勝進出を決める3点目を挙げて喜ぶアグエロ(右) [写真]=Getty Images

 キャピタル・ワン・カップ準決勝セカンドレグが27日に行われ、マンチェスター・Cとエヴァートンが対戦した。

 6日に行われたファーストレグでは、ホームのエヴァートンが2-1で先勝している。逆転での決勝進出を狙うマンチェスター・Cは、4日前のプレミアリーグ第23節ウェストハム戦から先発メンバーを4名変更。元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロとアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ、イングランド代表MFラヒーム・スターリングが先発入りを果たした。一方のエヴァートンは、3日前のスウォンジー戦から先発メンバーを5名入れ替えてアウェーゲームに臨んだ。

 均衡を破ったのはアウェーのエヴァートンだった。18分、ロス・バークリーが敵陣に少し入った位置でパスを受けると、ドリブルで中央突破。ペナルティーエリア手前まで持ち込み、右足シュートをゴール左隅へと決めた。ホームで先勝しているエヴァートンがセカンドレグでも先制点を挙げ、2試合合計スコアを3-1とした。

 リードを広げられたマンチェスター・Cも、6分後に反撃。セルヒオ・アグエロが左サイドからカットインしてミドルシュートを放つと、相手DFに当たったボールがペナルティーエリア手前へと転がる。走り込んでいたフェルナンジーニョが右足を振り抜き、ブロックを試みた相手DFに当たってコースが変わったシュートがゴールへと吸い込まれた。

 フェルナンジーニョのゴールで、2試合合計スコアは2-3に。1点差に迫ったマンチェスター・Cはなおも攻勢をかけ、36分にはアグエロが強烈なミドルシュートでゴールを狙うが、惜しくも右ポストを直撃。前半は1-1、2試合合計スコア2-3のまま終了した。

 まずは2試合合計スコアをタイに戻したいマンチェスター・Cは、後半開始時からヘスス・ナバスを投入。攻撃陣を活性化して打開を図る。後半最初の決定機は54分、右サイドをオーバーラップしたサバレタのクロスにダビド・シルバが頭で合わせたが、左ポストに阻まれてしまう。

 マンチェスター・Cはなかなかチャンスを生かせずにいたが、70分に待望のゴールを奪う。左サイド深くまで突破したスターリングがゴール前へ折り返すと、4分前に途中出場していたケヴィン・デ・ブライネが合わせてゴールネットを揺らした。マンチェスター・Cが2-1と逆転し、2試合合計スコアを3-3とした。

 2試合合計スコアをタイに戻したマンチェスター・C。決勝進出を決めるゴールは、エースによってもたらされた。76分、右サイドからデ・ブライネがアーリークロスを供給すると、ペナルティーエリア内で待っていたアグエロがヘディングシュート。巧みにコントロールされた一撃がゴール左隅へ決まり、マンチェスター・Cがついにリードを奪った。

 試合終盤にはデ・ブライネが相手との接触で負傷し、担架で運び出されるアクシデントがあったものの、試合は3-1で終了。マンチェスター・Cが2試合合計スコアで4-3と逆転し、準決勝突破を決めた。決勝は2月28日に行われ、マンチェスター・Cはリヴァプールと激突する。

 なお、マンチェスター・Cは次戦、30日のFAカップ4回戦でアストン・ヴィラと対戦。エヴァートンは31日、FAカップ4回戦で4部所属のカーライル・ユナイテッドと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 3-1(2試合合計:4-3) エヴァートン

【得点者】
0-1 18分 ロス・バークリー(エヴァートン)
1-1 24分 フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
2-1 70分 ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・C)
3-1 76分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ
ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に号泣「ずっと山本さんについていく」
[22:43 7/30] エンタメ
「魔法少女まどか☆マギカ」ソウルジェムとセットになったラバーマスコット
[22:15 7/30] ホビー