投資信託の年収別保有率、「年収100万円~300万円未満」が38.9%で最多

 

投資信託協会は27日、投資信託に関するアンケート調査結果を発表した。調査期間は2015年9月10日~29日、対象は20歳以上の男女で有効回答数は1,523件。

投資信託保有率は35.2%

「投資信託の保有状況」を尋ねたところ、「現在持っている」は35.2%、「以前持っていたが今は持っていない」は13.0%、「今まで持ったことがない」は51.1%だった。

年代別にみると、保有率が最も高いのは70代以上で54.4%、最も低いのは30代以下で19.3%だった。年収別では「年収100万円~300万円未満」が最多の38.9%、「年収100万円未満」が28.7%となった。

「投資信託の保有状況」

「保有している投資信託の種類」を尋ねたところ、最も保有率が高いのは「株式投資信託」(63.1%)、ついで「外国で作られた投資信託」(29.3%)、「公社債投資信託」(28.0%)、「不動産投信」(17.7%)、「ETF」(7.3%)となった。

「保有している投資信託の種類」

「投資信託購入の際の運用会社の重視点」については「運用力」が43.4%で最多。以下「資本力」(25.5%)、「知名度」(25.3%)、「運用体制」(16.7%)だった。

投資信託のメリット・デメリットは?

「他の金融商品と比較して投資信託に特に魅力を感じる点」では「定期的に分配金が受け取れる」が17.8%で1位。以下「専門知識がなくても投資できる」(16.9%)、「比較的高い利回りが期待できる」(12.1%)が続いた。

「他の金融商品と比較して投資信託に特に魅力を感じる点」

一方、「不満を感じる点」の1位は「元本保証がない」(33.1%)。2位は「手数料が高い」(17.6%)、3位は「仕組みや運用実績がわかりにくい」(10.4%)だった。

「不満を感じる点」

「投資信託の償還・売却で得た資金の流出先」の1位は「預貯金に回した」(32.6%)。2位は「生活資金に回した」(24.0%)、3位は「他の投資信託を購入した」(20.7%)、4位は「株式・債券を購入した」(17.7%)、5位は「売却・償還したことはない」(13.9%)となった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

沢村一樹主演『レンタル救世主』ポスターに明記された電話番号にかけると…
[12:33 9/26] エンタメ
住信SBIネット銀行、ディープラーニングを活用したデジタルマーケティング
[12:20 9/26] 企業IT
ビジネスインパクトを拡大するビックデータ活用とは - TERADATA PARTNERS 2016 基調講演
[12:10 9/26] 企業IT
IBM、クレジットカード関連の「FinTechカードAPI」提供 - 6社と仕様合意
[12:05 9/26] 企業IT
【特別企画】『キングオブコント2016』優勝予想1位は? 2位しずる、3位タイムマシーン3号
[12:04 9/26] エンタメ