新築マンションで住みたい首都圏エリア、1位は東京都中央区に

 

「2015年、人気の高かった市区町村ランキング[新築マンション/首都圏編]」

オウチーノ総研はこのほど、「2015年、人気の高かった市区町村ランキング[新築マンション/首都圏編]」を発表した。同ランキングは、「O-uccino」新築サイトの各市区町村ページでアクセス数が多い順に抽出された。調査期間は2015年1月1日~同年12月31日。

1位となったのは「東京都中央区」だった。同区では現在、2020年開催予定の東京オリンピックに向けて開発が進んでいる。下町の風情が残る勝どきや月島のほか、大商業地帯の日本橋や銀座、八重洲でも再開発が行われているとのこと。住宅はマンションが中心で、東京23区内の供給数が減少しているなか、月島、勝どき、八丁堀などを中心に数多く供給されているとのこと。

2位は「東京都千代田区」。同区では国会議事堂や最高裁判所、各官公庁やオフィスが広がり、居住エリアは限られている。人口は東京23区のなかで最も少なく約5.8万人だが、年々増加傾向にあるとのこと。通勤・通学がしやすいほか、越境入学者の多い名門公立小・中学校が多いのも特徴。区の面積の約15%を占める皇居や、北の丸公園、日比谷公園など、都心でありながら自然が豊富な点も魅力だという。

3位には、「東京都港区」がランクイン。大企業が軒を連ねる虎ノ門や新橋、芝などのビジネス街や、青山や表参道、赤坂などの商業エリア、六本木などの歓楽街も有する区となっている。居住エリアとしては麻布や白金台などが有名で、新築マンションや麻布十番、白金台、品川、田町などを中心に供給されている。特に田町駅前では大型再開発が進行しており、JR山手線品川駅~田町駅間に新駅ができることもあって、注目が集まっているとのこと。

以下、4位には「東京都世田谷区」が入り、5位には「東京都台東区」がランクインした。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事