マーベル史上最も型破り!? アンチ・ヒーロー映画『デッドプール』6月公開決定

 

『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品にあたる、アメコミ史上最強最悪のアンチ・ヒーロー映画『デッドプール』(原題:Deadpool)が、2016年6月に日本公開されることが27日、明らかになった。

「無駄口の多い傭兵」という異色のキャラクター、デッドプール

デッドプールは、口が達者で常にジョークを飛ばし、金次第で敵にも味方にもなる傭兵という異色のキャラクター。だれもが思い描くヒーロー像の原型はどこにもない、マーベルコミックの中でも最も型破りなキャラクターがいかにして生まれたのか、本作ではその誕生のストーリーを描く。

主人公ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、『X-MEN』シリーズのウルヴァリン同様、ウェポンX計画によって驚異的な治癒能力と不死の体を手に入れデッドプールになる。そして、高い戦闘力とダーク・ユーモアを交えながら、次々と敵を倒していく。

ウェイド・ウイルソンを演じるのは、2010年にはピープル誌が選ぶ「最もセクシーな男」に選出され、肉体派俳優としても地位を確立させたライアン・レイノルズ。『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でもデッドプールを演じている。

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田結実、母との初共演に「何を言われるのかドキドキした」
[10:00 10/1] エンタメ
霊山に巨石がゴロゴロ!神の島誕生の秘密が明らかに『ブラタモリ』
[10:00 10/1] エンタメ
『宇多田ヒカル~ライナーノーツ~』60分拡大版を放送
[10:00 10/1] エンタメ
ジョニー・デップ、『オリエント急行殺人事件』リメイク版に出演決定
[10:00 10/1] エンタメ
劇場版『マジェスティックプリンス』、本編上映後にオリジナルボイスドラマ
[10:00 10/1] ホビー