ASRock、Prime95実行時にSkylakeがフリーズするバグに対応したBIOSを配布

 

ASRockはこのほど、Skylake搭載システムでPrime95のような複雑な演算を行うアプリケーションを実行した際に、システムがフリーズするバグに対応したBIOSの配布を開始したと発表した。

Intelの公式フォーラムで、今回のバグはメルセンヌ素数を探すコミュニティ(GIMPS)が発見したもので、メルセンヌ素数を判定するアプリケーションでPCのストレステストにも使われる「Prime95」を実行した際にシステムがフリーズすることが報告。Intelもバグについて確認をしており、修正プログラムを用意し、マザーボードメーカーから対応BIOSが配布されると表明していた。

ASRockではIntel 100シリーズ搭載マザーボードに向けて、最新BIOSの提供を開始。Z170 Extreme7で「Prime95」のテストをパスしたスクリーンショットも公開している。

人気記事

一覧

新着記事

KickassTorrents、別ドメインで復活か - 続く追跡劇
[15:18 7/25] 企業IT
2015年の国内VM/クラウドシステムソフトウェア市場は初の1桁成長
[15:12 7/25] 企業IT
マウス、クリエイター向けPC「DAIV」を撮影機材の老舗店「銀一」で販売
[15:12 7/25] パソコン
柏木由紀、初主演舞台は「"AKB48の柏木由紀"を捨てたつもりで!」と気合
[15:00 7/25] エンタメ
Linuxカーネル4.7登場
[14:30 7/25] 企業IT