ボルボ新型「XC90」PHVも導入! 7人乗りSUV、ラインナップ最上級モデル発売

 

ボルボ・カー・ジャパンは27日、ラインナップ最上級モデルとなる7人乗りSUV、新型「XC90」を発売した。今回、ボルボとして日本に初めてプラグインハイブリットモデルも導入している。

ボルボ新型「XC90」

新型「XC90」は、安全性の向上はもとより、電動化や自動運転を見据えた新たなプラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」を採用し、車体が大きくなったにもかかわらず、先代「XC90」比120kgの軽量化を実現。フロントにはダブルウィッシュボーン、リアには複合樹脂素材製のリーフスプリングを用いたインテグラルアームサスペンションを採用し、5つのドライブモードを選択できるエアサスペンションを新たにオプション設定している。

エクステリアは、北欧神話に登場するトール神(雷神)がもつハンマーをモチーフにしたT字型のポジションライトが印象的なLEDヘッドライトをはじめ、シャープなショルダーラインで構成。最上級の素材を用いたインテリアは、クリーンでモダンなスカンジナビアンラグジュアリーを実現しており、世界最大のデザインコンペの一つであるレッドドット賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」プロダクトデザイン賞を受賞した。

インフォテイメントシステムには、ドライバーが直感的に操作できる独自のシステム「SENSUS(センサス)」を採用。走行中に必要な情報は12.3インチのドライバー・ディスプレイ(メーターパネル)とヘッドアップ・ディスプレイに表示し、キャビンの縦型タッチスクリーン式センターディスプレイには主要機能の操作系を集約した。音声認識も進化し、エアコンの温度調整やメディアの操作など幅広い操作が音声入力で行えるほか、新たに「Apple CarPlay」も標準装備している。

安全技術では、世界初となる「ランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護システム)」と「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」を採用。その他、夜間でも対応可能な歩行者・サイクリスト検知機能付フルオートブレーキ、50km/h以下の速度域でのステアリングアシストを実現したパイロットアシスト(追従時車線維持機能)などを全車に標準装備している。

新型「XC90」は、ボルボとして日本に初めてプラグインハイブリットモデルを導入。2,0リットルの「Drive-E」エンジンと電気モーターを組み合わせ、システムトータルで407ps/640Nm(欧州参考値)の大出力と15.3km/リットル(JC08モード)の燃費性能を実現し、電気モーターのみで35.4kmのゼロエミッション走行も可能となっている。

その他、2.0リッター4気筒直噴ターボ「T5」エンジン、2.0リッター4気筒スーパーチャージャー直噴ターボエンジン「T6」を搭載したモデルも用意した。新型「XC90」の価格は774万~1,009万円(税込)となっている。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

1人のWebエンジニアがVRアプリを2週間で作った話
[08:00 7/2] 企業IT
【連載】鉄道トリビア 第361回 箱根登山鉄道があじさいを植えた理由は観光客のためではない!?
[08:00 7/2] ホビー
【インタビュー】「ワンキュッパ」で三大キャリアに挑むY!mobile - ユーザーを取り込む積極的な取り組みについてキーマンに聞いた
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
【レビュー】Astell&KernのハイコスパDAP「AK70」レビュー - AK Jrの単なる強化版にあらず
[08:00 7/2] スマホとデジタル家電
がん患者、2012年は新たに86.5万人 がん研究センター推計
[08:00 7/2] テクノロジー