「オリジナル2次元キャラ」と「3Dモデル」を募るコンテストを開催- Shade3D

 

Shade3Dは、「2次元のキャラクターデザイン」と「3Dモデルデータ」の作成を競うコンテスト「第一回3Dプリンターでフィギュア化イラスト・3Dモデルコンテスト」を開催する。 キャラクターデザインの募集期間は1月28日~2月25日。3Dモデラーの募集期間は3月上旬~3月末日。1位に選ばれた3Dモデルのモデラーおよびデザイナーには、ともに3Dプリンターで出力したフィギュアのほか、3D制作ソフト「Shade3D ver.15 Professional」などの賞品が贈呈される。

同コンテストは、オリジナルのキャラクターデザインと、そのキャラクターを3D作成ソフト「Shade3D」で作成した3Dモデルを募集する、絵師と3Dモデラーが連携して行うもの。

コンテストの概要と流れとしては、1月28日~2月25日の期間、キャラクターデザイナーや絵師、 イラストやデザインの好きな人、趣味でイラストを描いている人などから、3Dプリンターで出力されることを前提としたオリジナルのキャラクターデザイン(「正面・背面・右面・左面の4面」+「キャラクターのイメージが分かるイラスト」の計2点)を募集する。

次に、3月上旬~末日にかけて、3Dモデラーから、先に投稿されたキャラクターデザインの3Dモデルを募る(3Dモデルは「Shade 3D」を使用して作成する)。

4月上旬には、コンテスト専用ページにおいてフィギュア化を望む3Dモデル作品の人気投票を実施し、見事1位に選ばれた3Dモデル作品は3Dプリンターで実際にフィギュア化されるほか、そのモデラーとデザイナーの両者には、3DプリンターやPC関連商品、3D制作ソフト「Shade3D ver.15 Professional」などの賞品が贈呈される。なお、結果発表は4月下旬が予定されている。

なお、参加資格や作品の種類、3Dモデルのデータ形式、応募方法、募集期間、選考方法などの詳細については、同コンテスト専用Webサイトを参照のこと。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「超☆汐留パラダイス」をアンバサダーアナが体験 - ガキ使バスは2台に増便
[08:00 7/24] エンタメ
山口宇部空港に初の国際線定期便就航 - 韓国・仁川線をエアソウルが週3便
[07:00 7/24] 趣味
サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第57回 厚生年金、国民年金にはしっかり加入する!
[07:00 7/24] マネー
NEWS小山慶一郎、間違えたら粉まみれ!「本物」と「食品サンプル」を見極める
[06:00 7/24] エンタメ
“プリンス”山崎育三郎の私生活が明らかに『おしゃれイズム』に登場
[06:00 7/24] エンタメ