節税に興味が有る人は9割も、実際に節税している人は3割に留まる

 

CCPRの年金運用調査委員会は25日、「税金に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は1月5日~6日、対象は企業年金に加入していない会社員と自営業500名。

7割が「税金が高い」と回答

「自身の税金についての考え」を聞いた所、71%が「税金を多く感じる」と回答した。「税金は妥当な額だと思う」という人は21%、「税金を少なく感じる」は8%だった。

「自身の税金についての考え」

税金を多く感じると回答した人に「節税に興味があるか」を尋ねたところ、89%が「興味がある」と回答。「興味が無い」は11%だった。

「節税に興味があるか」

「節税を行っているか」という質問には、72%が「行っていない」と回答。「行っている」は28%だった。節税している人に具体的な内容を聞いたところ、「積立型生命保険」が9%、「ふるさと納税」が7%、「住宅ローン減税」が6%、「NISA 投資減税」が5%、「個人型DC(確定拠出年金)」が1%だった。

「節税を行っているか」

「個人型DCを始めるにあたって相談したい窓口」は「銀行」が46%、「ファイナンシャルプランナー」が24%、「個人型DC専用の相談窓口」が19%、「証券会社」が11%だった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー
スマホ保有者が初の50%超え - 総務省調査
[17:24 7/26] マネー
VAIOは独りで生きていく - 黒字化した3年目は新事業へ投資
[17:24 7/26] パソコン
機械遺産に新たに「国内初の地熱発電所」「スバル360」など7件を指定
[17:22 7/26] テクノロジー
小栗旬・藤原竜也・真木よう子らが『龍が如く』最新作に出演決定、桐生一馬伝説は最終章に
[17:15 7/26] ホビー