エレコム、IEEE802.11ac対応で無線LANの電波範囲を広げる中継器

 

エレコムは26日、無線LANルータからの電波を中継して利用範囲を拡大する中継器「WTC-1167HWH」を発表した。2月中旬から発売する。価格は8,970円(税込)。

WTC-1167HWH

使用イメージ

無線LANルータと組み合わせて使い、電波の強度を高めたり、到達範囲を広げる無線LAN中継器。適切に導入することで、風呂やトイレなど無線LANルータだけでは電波の届きにくい場所でも、安定したWi-Fi接続が可能となる。2台使った中継にも対応。コンセントに直付けして使用するタイプとなっており、本体は薄く丸みを持たせることで邪魔になりにくい。

5GHz帯のIEEE802.11ac/a/nと2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに準拠し、通信速度は最大867bps(理論値)。デュアルバンド対応なので、両方の周波数を同時に中継できる。中継モードは、2.4GHz5GHzのいずれかを使用するシングルモード、両方を使うデュアルモード、2.4GHzを5GHzに、5GHzを2.4GHzに変換するクロスバンドモード、通信状態の良い帯域を使うOptimizeモードの4種類を用意する。

接続距離は最大30mで、無線LAN接続機能は「WPS」をサポート。セキュリティはWPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(64bit/128bit)で、ステルスSSIDなども使用できる。内蔵アンテナは5GHz帯と2.4GHz帯とも送受信を2本ずつ。同時接続台数は10台まで。本体サイズはW68×D30×H98mm、重量は約108g。対応OSはWindows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10、Mac OS X 10.5以降。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

レオパレス21、全国の物件にAndroid TV対応STB「Life Stick」を標準設備
[15:46 6/30] 家電
「フラット35」利用者の平均年齢は39.8歳に - 5年ぶり低下
[15:35 6/30] マネー
ボンバルディア、Cシリーズ初号機をスイスインターナショナルに納入
[15:33 6/30] 趣味
NEC、導電性と吸着性をもつ新規ナノ炭素材料「カーボンナノブラシ」を発見
[15:31 6/30] テクノロジー
1年半で国内の顧客数は150社から325社に! ワークデイの事業戦略とは?
[15:30 6/30] 企業IT