「アイサイト」搭載車、非搭載車に比べ事故が6割減 - スバルが発表

 

富士重工業(スバル)は1月26日、日本国内で販売したスバル車の人身事故件数を調査したところ、運転支援システム「アイサイト」搭載車は非搭載車に対し約6割少ないことがわかったと発表した。

今回の調査結果は同社が交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータをもとに算出したもので、2010年度~2014年度に国内で販売したスバル車のうちアイサイト搭載可能モデル(搭載車24万6139台、非搭載車4万8085台)の人身事故件数を発生状況毎に分類した。その結果、アイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たりの件数で車両同士の追突事故では約8割減、対歩行者では約5割減、調査対象全体で約6割減であることが判明した。

同社は「アイサイト搭載車は国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、すべての車種が最高ランクであるJNCAP『先進安全車プラス(ASV+』」を獲得しており、今回の調査結果はその高い評価を裏付けるものとなっております。」とし、今後も同調査を継続して実施していく予定だとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

カーエレクトロニクスの進化と未来 第91回 冗長構成に向いたARMのCortex-R52安全管理プロセッサ
[09:00 9/27] テクノロジー
「実は損している」節約行動4選
[09:00 9/27] マネー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第12回 最新版がリリース、LibreOfficeをアップデートしよう
[09:00 9/27] 企業IT
【連載特別企画】広がるMATLAB/Simulinkの世界 第3回 MATLABを使った鉄道の乗り心地の可視化ツール - 鉄道総合技術研究所
[09:00 9/27] テクノロジー
フジ新人永尾亜子アナ『みんなのニュース』で初レギュラー「一歩一歩」
[08:31 9/27] エンタメ