「アイサイト」搭載車、非搭載車に比べ事故が6割減 - スバルが発表

 

富士重工業(スバル)は1月26日、日本国内で販売したスバル車の人身事故件数を調査したところ、運転支援システム「アイサイト」搭載車は非搭載車に対し約6割少ないことがわかったと発表した。

今回の調査結果は同社が交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータをもとに算出したもので、2010年度~2014年度に国内で販売したスバル車のうちアイサイト搭載可能モデル(搭載車24万6139台、非搭載車4万8085台)の人身事故件数を発生状況毎に分類した。その結果、アイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たりの件数で車両同士の追突事故では約8割減、対歩行者では約5割減、調査対象全体で約6割減であることが判明した。

同社は「アイサイト搭載車は国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、すべての車種が最高ランクであるJNCAP『先進安全車プラス(ASV+』」を獲得しており、今回の調査結果はその高い評価を裏付けるものとなっております。」とし、今後も同調査を継続して実施していく予定だとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮塔子「感慨深い思いでいっぱい」『NEWS23』でTBSレギュラー復帰
[07:00 7/26] エンタメ
広末涼子、湊かなえ原作ドラマ主演に! 姉との確執抱える主婦役
[07:00 7/26] エンタメ
高島彩、産休明けで立ち会い出産のエピソード語る - 3人目の意欲も満々
[07:00 7/26] エンタメ
多様な人材が働き続けるための課題とは? - 「JALなでしこラボ」が研究発表
[07:00 7/26] キャリア
「有給休暇取得をためらう」は子持ち正社員の6割 - その理由は?
[06:30 7/26] キャリア