「アイサイト」搭載車、非搭載車に比べ事故が6割減 - スバルが発表

 

富士重工業(スバル)は1月26日、日本国内で販売したスバル車の人身事故件数を調査したところ、運転支援システム「アイサイト」搭載車は非搭載車に対し約6割少ないことがわかったと発表した。

今回の調査結果は同社が交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータをもとに算出したもので、2010年度~2014年度に国内で販売したスバル車のうちアイサイト搭載可能モデル(搭載車24万6139台、非搭載車4万8085台)の人身事故件数を発生状況毎に分類した。その結果、アイサイト搭載車は非搭載車に対し、1万台当たりの件数で車両同士の追突事故では約8割減、対歩行者では約5割減、調査対象全体で約6割減であることが判明した。

同社は「アイサイト搭載車は国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、すべての車種が最高ランクであるJNCAP『先進安全車プラス(ASV+』」を獲得しており、今回の調査結果はその高い評価を裏付けるものとなっております。」とし、今後も同調査を継続して実施していく予定だとしている。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】うーさん 第5回 うちぢ
[06:00 7/1] ライフスタイル
【ハウツー】富士山開山で登山シーズン到来! ルートは? 装備は? 知っておきたい事総まとめ
[05:30 7/1] 趣味
次期Androidの名称は「Android Nougat」、Nで始まるお菓子はヌガーに決定
[05:16 7/1] 家電
小野賢章は芸人でもイケる!?なすなかにし、うしろシティと明かす“今後の展望”
[05:00 7/1] エンタメ
「あんなにラブラブだったのに…」パパたちの悩みに思春期の娘の言い分は?
[05:00 7/1] エンタメ