東京都・代官山の"もったいない野菜"を活用したカフェに新メニュー登場

 

エードットはこのほど、DIGプライミングと共同で展開しているカフェ&バール「~Mottainai Farm~Radice(ラディーチェ)」(東京都渋谷区)にて、効能別の野菜ドリンク「カーポジュース」と新メニューを発売した。

「カーポジュース」(全5種類 / テイクアウトはSサイズ550円・税込、Mサイズ950円・税込、店内で食事する場合はSサイズ500円・税別)

同社では、「市場」「産地」「工場」などで生まれる、まだ食べられるのに廃棄されてしまう食材を活用した「もったいないアクション」を展開している。今回オープンするのは同プロジェクトの第2弾で、自社農園「Radice農園」や、神奈川県を中心とした契約農家から毎日届く「もったいない野菜」を活用したメニューを提供する。

使用する「もったいない野菜」は、わずかなキズがついていたり、曲がっていたり、指定サイズに満たないもの、また逆に大きすぎるものなど。料理はその理由を説明して提供するという。

新発売の「カーポジュース」は、美肌のための「ビューティー100ジュース」、疲労回復のための「リセットジュース」、デトックスやダイエットのための「デトックスジュース」、便秘解消の「スッキリグロウアップジュース」、二日酔いにおすすめという「ハングオーバージュース」の5種類。

野菜を最初に摂(と)り、血糖値の上昇を抑えることで体に気を使いながら飲食を楽しんでほしいという考えから、ディナータイムには「カーポジュース」をお通しとして提供する。なお、モーニング・ランチタイムには「大蔵じいさんの生きている野菜ジュース」というメニューで提供する。価格はSサイズ500円。

なお、「カーポジュース」はテイクアウトもできる。テイクアウトの価格はSサイズ550円、Mサイズ950円。

フードの新メニューは、小麦粉の表皮であるふすま粉を使った自家製パンにトマトとツナなどをのせた「ふすまパンのブルスケッタ」(500円)、契約農家から届く野菜を使った30センチ大のかき揚げ「マルシェ野菜のBIGなかき揚げ」(800円)、「彩り野菜のチーズフォンデュ」(1,280円)、「濃厚アボカドのティラミス」(700円)など。

「濃厚アボカドのティラミス」(700円・税別)

「彩り野菜のチーズフォンデュ」(1,280円・税別)

そのほか、通常営業のカフェ&バール以外にも、「なぜ・どこがもったいないのか」を見ることができる、欧米のマルシェをイメージした"もったいない野菜"の物販コーナーも設置している。

※価格はカーポジュースのテイクアウトを除き、すべて税別

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ダウンタウン、解散や引退に言及 - 松本人志「解散はない」
[08:34 9/30] エンタメ
【特別企画】ランサムウェア対策に重要なのはバックアップ!? 感染時に必要な対策とは
[08:32 9/30] IT製品比較
鈴木亮平が銭形のとっつあんに大変身! ドラマ『銭形警部』2017年放送
[08:30 9/30] エンタメ
ロジテック、LightningとUSB-Aコネクタを備えたUSBメモリ
[08:24 9/30] パソコン
さだまさし、大ファンの『鬼平』出演 - オファーに「出るに決まってるだろ!」
[08:23 9/30] エンタメ