ハイアットでもPepper導入へ

ハイアット リージェンシー 東京で接客応対を行うPepper

ハイアット リージェンシー 東京は1月22日、Pepperを2月1日より導入すると発表した。

同ホテルでは、法人モデルの「Pepper for Biz」を活用し、パブリックスペースにおけるメンテナンスや改修工事におけるゲストインフォメーションの一環として導入する。

単なる接客係ではない目的で活用を決めたとしており、改修工事などによる利用者のストレス緩和や、エンターテインメントとして楽しんでもらう"特別な役割の担い手"を目指すという。

将来的にはハイアット リージェンシー 東京のロビーのシャンデリアをバックに、Pepperが記念撮影して利用者のスマートフォンに転送するといった独自アプリケーション開発も検討しているほか、外国人への来客対応も行えるようにするとしている。

稼働時間は10時~20時で、2階のロビーフロアで応対を行う。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事