ブロック約18万個によるDQモンスター、東京都・新宿駅に出現! 28日より討伐

 

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアとスクウェア・エニックスは1月31日まで、東京メトロ丸ノ内線新宿駅構内メトロプロムナードにおいて、「新宿ドラゴンクエストジャック」を開催している。

新宿駅で「新宿ドラゴンクエストジャック」開催中

「新宿ドラゴンクエストジャック」は、1月28日発売予定のゲームソフト『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』の販促キャンペーンとして実施されている。1月25日~31日の期間、「メトロプロムナード」にて「ブロックモンスター討伐作戦」と「新宿モンスターロード」の2企画を展開している。

「ブロックモンスター討伐作戦」では、東京メトロ新宿駅構内の東口~西口をを結ぶ約80mの通路の壁面に、『ドラゴンクエスト』シリーズのモンスター多数をブロック玩具でドット絵状に描いた。壁を埋め尽くすように配置されたブロックは約18万個に及び、全てのブロックを取り外すと、ブロックの下の『ドラゴンクエストビルダーズ』スペシャルポスターが姿を現す仕掛けとなっている。

なお、ブロックの取り外しは1月28日7:00から可能となる。ブロックは持ち帰り可能で、全ブロックのうち300個には、オリジナル壁紙画像をダウンロードできる限定QRコードが印字されている。

「新宿モンスターロード」では、同エリアの柱ポスターを30体のモンスターがジャック。シリーズのファンも思わずニヤっとしてしまうような"モンスターの一言"を掲出している、と主催者。「飛ぶ鳥を落とす勢いの、 キメラが来ましたよ。」(キメラ)、「最近、笑顔をよく褒められます。」(ばくだんいわ)、「ドラゴンクエストの最高金賞は、俺のものだ」(byゴールドマン)などのポスターを見ることができる。

「新宿モンスターロード」では、柱ポスターを30体のモンスターがジャック

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事