SBT、Azure上で利用するセキュアなファイルサーバ「FileServer on Cloud」

 

ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は1月25日、企業のクラウドファーストを支援するファイルサーバ「FileServer on Cloud」の販売を開始した。初期費用は45万円(税別)、容量1TBの月額料金は21万円(同)、2TBが23万円(税別)、4TBが29万円(同)、8TBが39万円(同)、16TBが59万円(同)。

サービス概要

同社のon Cloudシリーズとして5つ目の製品となるFileServer on Cloudは、Microsoft Azure上でファイルサーバー機能を提供し、社内のActive Directory(AD)と連携することで利用中のAD情報を元にアクセス権の設定が可能だ。

同ファイルサーバは可用性が高く、保存領域の拡張も容易に対応が可能であり、ユーザーも従来のファイルサーバと同じ使用感で利用できる。また、これまでMicrosoft製品と独自クラウドサービスを累計500社80万ユーザーに導入した経験で培ったノウハウとソフトバンクとの協業により、ユーザーも従来の使い慣れた操作環境を維持しながらAzureに対してセキュアな接続を実現している。

基本機能はクローズドネットワーク経由でAzureに接続し、高速でセキュアなファイルアクセスを実現する「ExpressRpute対応」、使い慣れたWindows Explorerで利用可能な「フォルダ参照」、アンチマルウェアソフトによるリアルタイム監視を行う「ウィルス対策」、24時間365日でシステム管理・監視を実施する「サーバ監視通報」、サービス仕様およびサービス障害時のお問合せ窓口の「お問い合わせ」、直近の変更前ファイルの保持(容量上限あり)する「簡易バックアップ」などがある。

また、別途見積でAzureにADの複製を構築する「ADの構築」、ユーザーが使用可能な保存容量の上限をあらかじめ指定する「保蔵容量の上限設定」などのオプションも備える。2017年度末までに100社への導入を目指す。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

IBM、国内のFinTech企業と「FinTech共通API」の接続検証を実施
[15:00 6/28] 企業IT
[トレンディエンジェル]今年はM-1出場せず 「得してるイメージない」
[14:39 6/28] エンタメ
セコム、ファイル検査付きインターネット分離クラウドサービスを提供
[14:37 6/28] 企業IT
【レポート】パウダースノーにてんこ盛り! 初上陸の韓国かき氷"ソルビン"は発掘も楽しい
[14:26 6/28] 趣味
【レポート】海外のラーメンブームに乗れるか? 吉野家が「せたが屋」で勝負に出る
[14:25 6/28] 経営・ビジネス