ASUS、1,300万画素で光学3倍ズーム対応のカメラを備えた「ZenFone Zoom」

 

ASUS JAPANは25日、光学3倍ズーム対応の背面カメラを搭載した5.5型SIMフリースマートフォン「ZenFone Zoom(ZX551ML)」を発表した。搭載CPUや内蔵ストレージの容量、本体カラー、背面パネルの素材が異なる8モデルをそろえる。背面パネルに本皮を用いた上位4モデルは2月5日、プラスチックを用いた下位モデルは2月中旬に発売する。店頭予想価格はエントリーモデルで税別49,800円、最上位モデルで税別68,800円。

背面に本皮素材を用いたZX551ML-BK128S4 / ZX551ML-WH128S4 / ZX551ML-BK64S4 / ZX551ML-WH64S4

プラスチック素材を用いたZX551M-BK64S4PL / ZX551M-WH64S4PL / ZX551M-BK32S4PL / ZX551M-WH32S4PL

解像度1,920×1,080ドットの5.5型ディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン。1,300万画素の背面カメラには、光学式手振れ補正機能付きの光学3倍ズーム機能を備える。この背面カメラにはHOYA製の光学ズームレンズユニットを採用し、本体内部に対して横向きに設置することで、本体からレンズをせり出させずに光学ズームを実現したという。

また、本体側面にはシャッターボタンと動画の録画ボタンを搭載するほか、音量調節ボタンでズームイン/ズームアウトの操作を行うことが可能で、通常のデジタルカメラと同様の使い方で撮影できる。

このほか、約5cmの近距離撮影が可能なマクロ機能やレーザーオートフォーカス、白色と黄色の2色のLEDにより自然な色味のフラッシュ撮影を実現する「デュアルカラーLEDフラッシュ」といった機能を備える。

スペック面では、CPUとして最上位モデルにはIntel Atom Z3590(2.5GHz)、それ以外のモデルにはIntel Atom Z3580(2.33GHz)、メモリは4GB、ストレージは32GB/64GB/128GBを用意する。各モデルのスペックは以下の表を参照してほしい。

モデル名 ZX551ML-BK128S4 ZX551ML-WH128S4 ZX551ML-BK64S4 ZX551ML-WH64S4
CPU Intel Atom Z3590(2.5GHz) Intel Atom Z3580(2.33GHz)
内蔵GPU PowerVR G6430
メモリ 4GB
ストレージ 128GB eMMC 64GB eMMC
本体カラー プレミアムブラックレザー プレミアムホワイトレザー プレミアムブラックレザー プレミアムホワイトレザー
背面素材 本皮
店頭予想価格 税別68,800円 税別59,800円
モデル名 ZX551M-BK64S4PL ZX551M-WH64S4PL ZX551M-BK32S4PL ZX551M-WH32S4PL
CPU Intel Atom Z3580(2.33GHz)
内蔵GPU PowerVR G6430
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC 32GB eMMC
ディスプレイ 5.5型(1,920×1,080ドット/10点タッチ対応)
本体カラー スタンダードブラック スタンダードホワイト スタンダードブラック スタンダードホワイト
背面素材 プラスチック
店頭予想価格 税別55,800円 税別49,800円

通信機能はIEEEa/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、3G、LTE(FDD/TDD)、GSM。対応バンドは、FDD-LTEが2,100(1) / 1,900(2) / 1,800(3) / 850(5) / 2,600(7) / 900(8) / 1,700(9) / 800(18) / 800(19) / 700(28)。TDD-LTEが2,600(38) / 1,900(39) / 2,300(40) 2,600(41)。W-CDMAが2,100(1) / 1,900(2) / 850(5) / 800(6) / 900(8) / 800(19)。TD-SCDMAが 2,100(34) / 1,900(39)。GSM/EDGEが850/900/1,800/1,900MHz。

インタフェースは、microUSB×1、microSIMスロット×1、SDカードスロット×1、NFC、オーディオポート。センサがGPS、加速度センサ、近接センサ、電子コンパス、光センサ、磁気センサ、ジャイロスコープ。

バッテリ容量は3.000mAh。バッテリ駆動時間は、最上位モデルの場合、Wi-Fi接続時で約11.1時間、モバイル通信時で約10.1時間、連続通話時間が約1,1140分(3G)、連続待ち受け時間が3G通信時で約303.3時間、LTE通信時で約293.4時間。そのほかのモデルの場合、Wi-Fi接続時で約11.2時間、モバイル通信時で約10.4時間、連続通話時間が約1,202分(3G)、連続待ち受け時間が3G通信時で約333.3時間、LTE通信時で約296.7時間。

本体サイズはW78.84×D158.9×H5~11.95mm、重量は約185g。

本体にストラップホールを備える

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

プリンストン、4K/2K出力対応の折りたたみ式ドキュメントカメラ
[13:19 7/25] パソコン
なぜディープラーニングにはHPCが必要なのか - ISC 2016
[13:16 7/25] テクノロジー
.OFFなど8つの新gTLD登場
[13:09 7/25] 企業IT
ネットワン、感染端末の検知や推奨セキュリティ対策を提案するサービス
[13:09 7/25] 企業IT
Apple MusicのBeats 1で東京から番組をオンエア - DJ・Ebro Dardenが来日
[12:57 7/25] パソコン