ロシアの銘玉「Jupiter 3」の改良版がロモグラフィーから復活-ロモジャパン

 

ロモジャパンは、ロシアレンズ「Jupiter 3」の改良版となる新製品「New Jupiter 3+(ニュー ジュピター3プラス) 1.5/50 L39/M」の販売を「ロモグラフィーオンラインショップ」にて開始した。価格は6万9,260円(税別)。

「New Jupiter 3+ 1.5/50 L39/M」(以下、New Jupiter 3+)は、1940年代に発表され1988年に生産を終了したロシアの銘玉。「Jupiter 3」の昔ながらのコンパクトデザインやクラシカルな風格はそのままに、光学レンズ設計を現代のフォトグラファーのために再開発し、その改良版としてロモグラフィーから復活したもの。焦点距離は50mmで、絞り開放はf/1.5と明るく、Jupiter 3の伝統であるシャープな写り、なめらかさ、自然な発色、美しいボケはそのままに、レンズ設計に改良が加えられている。

主な改良点として、オリジナルのJupiter 3の最短撮影距離が1mに対し、同製品は0.7mとより被写体に接近して撮影できるようになったほか、マルチコーティングが施されたことでフレアが減少。レンズボディの素材も、オリジナルはアルミニウムを採用していたが、同製品には真鍮を使用することで耐久性も向上しているという。加えて、レンジファインダー連動レンズのため、レンジファインダー機での焦点合わせも快適に行えるようになっている。

なお、レンズマウントは「L39マウント」(Mマウント用変換リング付属)を採用し、レンジファインダーカメラやデジタルカメラでの利用が可能となっている。また、同製品の販売サイトでは、オプションとして「Leica M to Sony NEX Mount Adaptor」(7,280円)も用意されている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT