忘れられない“男前” 阪神・藤井彰人の捕球へのこだわり

 

◆ 体の小ささを武器に最優秀バッテリー賞も賞

 研鑽された技術のぶつかり合いである勝負。そこから離れた時に放たれた野球選手の“ことば”――。今回は藤井彰人(阪神)に注目したい。

 阪神タイガースのキャッチャーであり、近鉄戦士の生き残りでもあった藤井彰人。高い守備力と明るいキャラクターで愛されたが、17年の現役生活には、職人としてのこだわりがあった。

 藤井は1998年、近畿大学からドラフト2位で近鉄バファローズ(当時)に入団。球団合併による分配ドラフトで2005年からは楽天に移籍した。入団当初は山下和彦コーチにキャッチングの基礎をたたき込まれた。特に、ワンバウンドを絶対にそらさないように鍛え上げられたという。それが捕手・藤井の生きる道を決定づけることとなる。

「僕は体が大きい人より、素早く動ける。自分の長所にしようと決めました」

 藤井の身長は選手名鑑に170センチと記載されているが、実は168センチ。プロ野球選手としては、かなり小さい部類に入る。本人はコンプレックスを感じていたが、逆に体の小ささを武器として、捕球技術を磨いた。

 藤井の努力は実り、楽天のエース岩隈久志(現マリナーズ)の女房役として一時代を築いた。2008年には最優秀バッテリー賞に輝いている。
 
 しかし、プロの世界は厳しい。2010年にライバル・嶋基宏が台頭。藤井の出場はわずか8試合にとどまり、あっさりと正捕手の座を奪われてしまう。その年のオフに出場機会を求めFA権を行使。阪神に移籍した。


◆ 捕ることが取り柄の17年間

 阪神移籍後も藤井は城島、小宮山、日高、鶴岡、梅野などとレギュラーを争ってきた。藤井は決して全試合に出場する正捕手ではなかったが、捕球、リードを含めた高い守備力でチームに欠かせない存在となっていく。

 ある日、藤井はチームのエース・能見篤史にこう言われたという。「藤井さん、僕のフォークをそらしたことがないですね」。新加入した捕手・藤井がエースからの信頼を得た瞬間だった。

 2015年も71試合に出場したが、藤井は体力面の不安を理由に引退を表明。会見での言葉は藤井の捕手人生をあらわしている。

「捕ることを自分の取り柄だと思って17年間やってきました」

 捕球に絶対の自信を持った“男前”は惜しまれつつもユニフォームを脱いだ。通算成績は1073試合出場、安打は565本。決して打てるキャッチャーではなかったが、“捕球へのこだわり”は17年間という藤井の長い現役生活を支えた。

 引退後は阪神から出向し、BCリーグ・福井ミラクルエレファンツのバッテリーコーチに就任する。自らが山下コーチに鍛えられたように、守りで魅せる捕手を生み出してほしい。

文=松本祐貴(まつもと・ゆうき)


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

男性の部屋、ここを掃除していればモテる!
[04:00 6/27] ライフスタイル
「銀魂」財布は銀さんや土方など全4種、苺パフェやマヨネーズがアクセント
[23:37 6/26] ホビー
池田乾の「セバスチャン」2作品、最終巻が同時発売!特典も
[23:15 6/26] ホビー
【レポート】「下手くそなりに体を動かして、生駒と一緒にあがきたいです」-『甲鉄城のカバネリ』トークショーに生駒役・畠中祐が登場
[23:00 6/26] ホビー
「キン肉マン」の"完璧・参式"ミラージュマン、新シリーズから初フィギュア化
[22:35 6/26] ホビー