YouFab Global Creative Awards 2015、グランプリは3Dプリンタ×ワンピース

 

FabCafeは1月22日、デジタルファブリケーション領域のグローバルクリエイティブアワード「YouFab Global Creative Awards 2015」の授賞式を開催した。

授賞式の様子

同アワードは3Dプリンタやミリングマシーンなどを用いて制作された作品を対象とし、今回は26カ国から寄せられた152作品の中からグランプリ、準グランプリ、ファイナリスト25作品が選出された。

審査員はFabLabJapanの発起人である慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの田中浩也 准教授、クリエイティブ キュレーターの四方幸子氏、ライゾマティクスのクリエイティブ&テクニカル・ディレクター齋藤精一氏、プロダクトデザイナーのLuki Huber氏、ArchitectkiddのプリンシパルであるLuke Yeung氏、Zeczecの共同設立者Quake Hsu氏らが務めた。

審査員。左からHuber氏、Yeung氏、Hsu氏、田中准教授、四方氏、齋藤氏

グランプリ・準グランプリ受賞者に授与されるトロフィーは名和晃平氏の作品

数千枚の三角形をつなげたワンピース

4回目の開催となる今回は米nervous systemの「Kinematic Dress」プロジェクトが見事グランプリを受賞した。同作品はSLS方式の3Dプリンタを用いて制作されたワンピース。素材はナイロンで、数千枚の三角形のパネルを蝶つがいでつないでいる。各パネルは全てつながったまま畳まれた状態でプリントされ、余分な粉を取り除けばそのままワンピースとして着用が可能。服全体が体の動きに沿うため、滑らかな生地をまとったような着心地だという。

授賞式に出席した審査員の田中准教授は同作品について「2つの側面がある。クオリティが素晴らしいというのが1つと、裏には数学の技術が入っている。」とコメント。洗練されたデザインと緻密な計算の両立・統合が実現している点がグランプリにつながった理由だとした。

ちなみに、厳密にはグランプリを受賞したのは「kinematics cloth」というプロジェクト全体で、同プロジェクトでは自分の体のスキャンデータからワンピース以外にもタンクトップやスカートをオーダーすることが可能だ。

FabCafeでは展示品はスカートとネックレスを展示。

三角系のパネルをたくさんつなげている

アクセサリタイプ

5軸CNCマシンをあえてジェスチャーで操作

準グランプリにはチリのDiego Pinochet氏のジェスチャーで操作する5軸CNCマシン「Making Gestures: A personal Design and Fabrication System」が選ばれた。学習アルゴリズムによって制御しており、ユーザーの動きに合わせたリアルタイムな製作が可能。ジェスチャーという感覚的な操作方法により、あいまいさや予想できないものを受け入れることで、デザインとファブリケーションの過程をより深く体験することが狙いだという。

右から2番目がDiego Pinochet氏。はるばるチリより来日した。本来は作品を持ってくる予定だったが、残念ながらチリの税関で没収されてしまった。

同作品を審査員の四方氏は「精度があるものとあいまいなもののせめぎ合いを感じた。YouFabやハックの醍醐味だと思う。」と絶賛した。

渋谷のFabCafe Tokyoでは今回の受賞作品の一部を2月8日まで展示している。ぜひクリエイティビティとデジタルファブリケーションが融合した作品の数々を見に足を運んでほしい。

セカイノコトワリ(日本)の「トモダチノカタチ」

Roboplan Technologies Ltd.(イスラエル)の「PlayDog」

System Design Studio(スペイン)の「ivy」

More Than Human(日本)の「type-Unicorn」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ざるそばじゃないの!? 本物そっくりなモンブランケーキを食べてみた
[06:30 8/25] 趣味
「老後が不安」は20代の64.2% - 老後資金は月いくら必要?
[06:30 8/25] マネー
angela、NEWアルバム『LOVE & CARNIVAL』より収録映像や新曲試聴動画を公開
[06:12 8/25] ホビー
松本人志、鈴木亜美は「とんだ尻軽女」とイジる『ダウンタウンDX』
[06:00 8/25] エンタメ
速水もこみち「結婚なんて無期懲役…」ダメ男役での“クズな台詞”が話題
[06:00 8/25] エンタメ