兵庫県・板宿駅にローソン初の"電車型"店舗登場! 運転席には撮影コーナーも

 

山陽フレンズとローソンは1月27日、山陽電車「板宿駅」(兵庫県神戸市)にて電車型のコンビニエンスストア「ローソン+フレンズ山陽板宿ちか店」をオープンする。

「ローソン+フレンズ山陽板宿ちか店」イメージ図

同店は、両社共同開発による山陽電車沿線でのコンビニエンスストア第4弾としてオープン。「板宿駅」改札前の駅売店を拡張し、コンビニエンスストアとした。電車の形をした店舗のオープンはローソン初とのこと。

店舗デザインには、山陽電車が2016年春から導入予定の新型車両(6000系)の意匠を前面に表した。店内では、運転席にあたる位置に撮影コーナーや電車グッズの特設売り場なども設けているとのこと。営業時間は6:30~22:00で、オープン当日のみ7:00開店となる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

フォントにそれで大丈夫? イチから学ぶWebフォント講座 第1回 文字とは、書体とは、フォントとは
[08:00 10/1] 企業IT
松本人志『ワイドナショー』原点語る「たたかれた芸能人をフォローできる番組に」
[08:00 10/1] エンタメ
コントロールセンターを表示すると微妙に振動します!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
部屋中の家電をこれ1台で操作 - ソニーの「HUIS」は"育てる"リモコンだった
[08:00 10/1] スマホとデジタル家電
鉄道トリビア 第373回 2つの列車の運転士が同じ名前という理由で起きた大事故がある
[07:50 10/1] ホビー