クロップ監督、劇的弾に歓喜しメガネが故障「バイエルンに勝った時も…」

 

劇的ゴールを喜ぶクロップ監督と選手たち [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールは23日に行われたプレミアリーグ第23節でノリッジと対戦し、5-4で乱打戦を制した。試合後、イギリスメディア『スカイスポーツ』が、ユルゲン・クロップ監督のコメントを伝えている。

 先制したリヴァプールは、前半のうちに逆転を許すと、54分にも失点を喫し、1-3と苦しい展開を強いられる。だが直後の55分にMFジョーダン・ヘンダーソンが1点を返すと、63分にFWロベルト・フィルミーノがこの日2点目を決めて同点に。そして75分、相手DFのミスからMFジェームズ・ミルナーがGKとの1対1を制して、ついに逆転に成功した。

 ところが試合はこのままでは終わらない。後半アディショナルタイム2分、セバスティアン・バソングに強烈なミドルシュートを叩きこまれ、土壇場で同点とされてしまう。それでも諦めないリヴァプールは最後のプレーで敵陣に押し込むと、エリア内にこぼれたボールをアダム・ララーナがボレーで押し込み、劇的な決勝ゴールを奪った。

 92分に4-4とされた際には怒りを露わにしてベンチへ座り込んだクロップ監督だが、ラストプレーで勝ち越しゴールが決まると喜びを爆発。ララーナのもとまで駆け寄り歓喜の抱擁を交わした。このシーンでメガネが壊れてしまった指揮官は、過去のエピソードを交えながら冗談交じりにこう語っている。

「普段、私はスペアを持っているんだがね。見つからなかったんだ。メガネなしでメガネを探すのは本当に難しい。(ドルトムント時代に)初めてバイエルンに勝った時も、ヌリ・シャヒンにメガネを壊されたんだ。今日はアダムだったね」

 そして試合については、「我々は様々なミスを犯した。5-4で試合に勝つというのは面白い物語だが、我々にとっては面白いものではないね。改善する必要がある」と、今後に向けて修正していく必要があると述べた。

 リヴァプールは26日にキャピタル・ワン・カップ準決勝でストークと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ついに始まるラジコ渾身の新サービス! 後から聴けるラジオが変えるもの
[17:42 9/26] 経営・ビジネス
立ち食いそば散歩 第33回 アサリをかき揚げ……まずい訳がないっ! 秋葉原「二葉」で腹を満たす
[17:30 9/26] 趣味
NECソリューションイノベータ、全国詳細地図データ標準搭載のGIS最新版
[17:29 9/26] 企業IT
サイコム、Windows 7 Professional搭載のミドルタワーPCを100台限定で販売
[17:21 9/26] パソコン
JR西日本、おおさか東線北区間の新駅「水都・水運の歴史」などキーワードに
[17:15 9/26] ホビー