マンCが敵地で手痛いドロー…アグエロ2ゴールも逆転には至らず

  [2016/01/24]

2ゴールを挙げたFWアグエロ [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第23節が23日に行われ、ウェストハムとマンチェスター・Cが対戦した。

 リーグ戦22試合を終え、13勝4分け5敗の勝ち点43で3位につけるマンチェスター・C。勝ち点差1でレスターとアーセナルを追う中、アウェーゲームに臨む。マヌエル・ペジェグリーニ監督は、コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレとスペイン代表MFヘスス・ナバスを先発メンバーに復帰させた。

 試合はいきなり動いた。開始早々の1分、ウェストハムのシェイク・クヤテが左サイド深くまで突破。ゴール前へのクロスにエネル・バレンシアがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 キックオフから55秒ほどで先制を許したマンチェスター・Cも、9分に反撃。セルヒオ・アグエロがペナルティーエリア左側で倒されてPKを得ると、自らゴール左隅に蹴り込み、同点に追いついた。前半は1-1で終了した。

 同点で迎えた後半、先手を取ったのはまたもウェストハムだった。56分、右サイドからのロングスローに反応したエネル・バレンシアがペナルティーエリア内で相手DFをブロックし、ボールを確保。ゴール方向に身体を向け、そのまま右足で流し込んだ。エネル・バレンシアの自身2得点目で、ウェストハムが2-1と勝ち越しに成功した。

 再びビハインドを負ったマンチェスター・Cは、67分にラヒーム・スターリング、76分にケレチ・イヘアナチョを投入。前線を活性化して打開を図る。そして81分、ペナルティーエリア内でこぼれ球に反応したアグエロが右足で合わせ、同点ゴールを挙げた。

 アグエロの2ゴールで2度追いついたマンチェスター・Cだが、逆転には至らず。試合は2-2で終了し、勝ち点1を分け合う結果に終わった。マンチェスター・Cは暫定2位に浮上したが、日本代表FW岡崎慎司が所属する首位レスターとの勝ち点差は3に広がった。

 マンチェスター・Cは次戦、27日のキャピタル・ワン・カップ準決勝でエヴァートンと対戦する。

【スコア】
ウェストハム 2-2 マンチェスター・C

【得点者】
1-0 1分 エネル・バレンシア(ウェストハム)
1-1 9分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
2-1 56分 エネル・バレンシア(ウェストハム)
2-2 81分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Rust 1.9登場
[13:30 5/30] 企業IT
ドコモ、「P-01G」ソフト更新 - 着信拒否登録に関する不具合修正
[13:28 5/30] 携帯
オーテク、原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR100」
[13:12 5/30] 家電
ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA」ソフト更新 - パケットサービスの品質改善
[13:11 5/30] 携帯
imecなど、変換効率12%の半透明ペロブスカイト太陽電池モジュールを開発
[13:09 5/30] テクノロジー

特別企画 PR