バイエルンに「大きな痛手」…内転筋負傷のボアテングが長期離脱へ

 

ハンブルガーSV戦で負傷したボアテング [写真]=Getty Images

 バイエルンは23日、ドイツ代表DFジェローム・ボアテングが長期離脱を強いられると発表した。クラブ公式HPが伝えている。

 ボアテングは22日のブンデスリーガ第18節ハンブルガーSV戦に先発出場したものの、内転筋を負傷。56分に途中交代を余儀なくされていた。バイエルンは同日、ボアテングがミュンヘンに戻った後に詳細な検査を受ける予定だと発表。検査の結果、長期離脱を強いられることが判明した。

 ボアテングは今シーズン、ブンデスリーガ第18節終了時点で16試合に出場(うち14試合が先発出場)している。クラブ公式HPは「同選手の離脱は大きな痛手となる」と伝えている。

 バイエルンは次節、31日にホッフェンハイムとのホームゲームに臨む。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[ハイスコアガール]2年ぶり連載再開 コミックスも復活
[00:00 7/25] ホビー
[げんしけん]「次号『二代目』最終回!!」 オタクサークルの活動描いた人気マンガ
[00:00 7/25] ホビー
Googleお役立ちテクニック - Chromeブラウザで複数のGoogleアカウントを利用する
[00:00 7/25] パソコン
[バナナマン・設楽]日村からの“サプライズ”に困る 人気の柴犬「まる」も登場
[21:03 7/24] エンタメ
都知事候補の女子大生淫行疑惑、巨人エースのお持ち帰り、ASKAの新ブログ - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5
[21:00 7/24] エンタメ