伊紙、エンポリ戦先発の本田圭佑を酷評「刀のないサムライ」

 

エンポリ戦で86分までプレーした本田圭佑 [写真]=Getty Images

 セリエA第21節が23日に行われ、エンポリと日本代表MF本田圭佑が所属するミランが対戦。ミランは2度のリードを守り切れず、2-2で引き分けた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。先発出場し、86分に交代した本田には「5.5」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「立て続けにボールを失う、“ハラキリ”にふさわしいスタートだった。その後、後方に下がったが、印象的なプレーを残すことはできず。刀のないサムライだ」と記され、厳しい評価がつけられた。

 ミランの最高点は、8分に先制点を決めたコロンビア代表FWカルロス・バッカの「6.5」。チーム最低点はイタリア人GKジャンルイジ・ドンナルンマの「5」だった。

 ミランは次戦、26日にコッパ・イタリア準決勝ファーストレグでアレッサンドリア(3部)とのアウェーゲームを戦い、31日に日本代表DF長友佑都が所属するインテルとの“ミラノ・ダービー”に臨む。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ
「恋スルー乙女」の風呂前有、初BL単行本は多種多様なシチュエーション
[22:42 6/29] ホビー
オリラジ藤森『ウシジマくん』で不倫ゲス男役!山田孝之とのLINE交換誓う
[22:30 6/29] エンタメ
Sapphire、Radeon RX 480搭載カード「RADEON RX 480 8G GDDR5」
[22:17 6/29] パソコン