開幕戦以来のスタメン落ち…マインツ武藤嘉紀「逆境をはねのける」

 

敗戦を振り返った武藤嘉紀(写真は昨年12月のヘルタ戦) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第18節が23日に行われ、インゴルシュタットと日本代表FW武藤嘉紀のマインツが対戦。マインツは0-1で敗れ、3試合未勝利となった。武藤は開幕戦以来のベンチスタートで、71分に途中出場した。

 試合後、武藤が敗戦を振り返った。ブンデスリーガ公式HPがコメントを伝えている。

 武藤は、開幕戦以来のスタメン落ちとなったことについて「悔しいですね、もちろん」と第一声。「チームとしてもあまり良い内容ではなかったですが、その中で途中出場している以上は、流れを変えなくてはいけなかったと思います。得点やアシストができればベストでしたが」と、悔しさをにじませた。

 ウインターブレイク明けの初戦を黒星で終えたマインツ。武藤は自身の調子を問われ、「自分の調子はだいぶ良いです。今日は悔しかったですが、こういう逆境をはねのけて成長できればいいと思います」と、今後の奮起を誓った。

 マインツは次節、29日にボルシアMGとのホームゲームに臨む。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【特別企画】12万円(税別)で手に入る15.6型スタイリッシュゲーミングノート - 「G-GEAR note N1563J-710/T」
[21:18 6/30] パソコン
綾野剛、ライジング・スター賞で初NY! 謙虚な英語スピーチに拍手喝采
[21:00 6/30] エンタメ
役員報酬、1億円超は211社414人 - 三菱電機が最多
[20:55 6/30] マネー
約8割が週に1回以上は実感している「スマホ老眼」の症状って?
[20:50 6/30] ヘルスケア
【連載特別企画】アナログとデジタルをつなぐワコムのデジタルノート「Bamboo Spark」 第3回 Bamboo Sparkを超活用する
[20:49 6/30] パソコン