茨城・東北版も! 東京都の名所を海洋堂がカプセルフィギュア化、駅で販売

 

カプセル自販機のイメージ(画像は「茨城フィギュアみやげ」)

JR東日本リテールネットは2月12日、海洋堂によるオリジナルカプセルフィギュアみやげ「LuckyDrop(ラッキードロップ)」を発売する。

「LuckyDrop」は、国内外の観光客をターゲットとした商品。日本ならではの文化や各地の魅力を表す名所・名物をモチーフとして、フィギュアの造形や製作を手掛ける海洋堂がフィギュア化した。駅構内に設置されるカプセル自販機のほか、NewDaysやBOOK EXPRESSなどのエキナカ店舗でも取り扱う。カプセル自販機によるフィギュアみやげの販売はエキナカ初の試みとのこと。価格は全て400円(税込)。

首都圏のJR主要駅では、「山手線さんぽフィギュアみやげ」を販売。「東京駅『丸の内駅舎』」「渋谷駅『ハチ公』」「新橋駅『SL広場』」「上野動物園『ジャイアントパンダ』」「秋葉原『秋葉原電気街』」「上野『あんみつ みはし』」の6種類を用意する。

「山手線さんぽフィギュアみやげ」

左から、「東京駅『丸の内駅舎』」「渋谷駅『ハチ公』」「新橋駅『SL広場』」

左から、「上野動物園『ジャイアントパンダ』」「秋葉原『秋葉原電気街』」「上野『あんみつ みはし』」

茨城および東京・埼玉・神奈川・千葉のJR主要駅と茨城県内の観光施設等では、「茨城フィギュアみやげ」を展開。伝統的な食材や工業開発など、定番の品から新たな取り組みまでをモチーフ化した。「485系特急『ひたち』」「ガールズ&パンツァー」「水戸黄門助さん格さん像」「あんこうの吊るし切り」「H-IIAロケット」「納豆」「ムコナくん」の7種類をそろえる。

「茨城フィギュアみやげ」

左から、「485系特急『ひたち』」「ガールズ&パンツァー」「水戸黄門助さん格さん像」

左から、「あんこうの吊るし切り」「H-IIAロケット」「納豆」「ムコナくん」

4月下旬からは、東北6県のJR東日本主要駅にて「みちのくフィギュアみやげ」の販売も開始する。伝統の祭や風物、ご当地グルメなど、各県の郷土色豊かな名物を集めて展開。「青函トンネルとH5系新幹線」「青森ねぶた祭」「伊達政宗騎馬像」「人間将棋」「南部鉄器」「秋田小町」「喜多方ラーメン」の7種類を提供する。

「みちのくフィギュアみやげ」

「青函トンネルとH5系新幹線」「青森ねぶた祭」「伊達政宗騎馬像」

「人間将棋」「南部鉄器」「秋田小町」「喜多方ラーメン」

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事