王氏、カブスとマイナー契約を結んだ川崎に「アメリカが好きなんですね」

 

24日、『サンデーモーニング』に出演した王貞治氏

 24日、『サンデーモーニング』(TBS系)の人気コーナー『週刊 ご意見番』に張本勲氏と王貞治氏が出演し、カブスとマイナー契約を結んだ川崎宗則について言及した。

 ダイエー・ソフトバンクの監督時代に川崎を指導した王氏は「日本でやるならうち(ソフトバンク)でと声をかけました」というエピソードを披露。しかし、川崎は日本でプレーすることなく、マイナー契約ではあるが、今季もアメリカでプレーする道を選択した。王氏は「アメリカが好きなんですね。マイナー契約でもいいから、アメリカでっていうのは最初からそうでしたからね」と話している。

 また、張本氏は「(ソフトバンクに)帰ってきても、ポジションがないかもわからないのよ。ショートがいいもん。セカンドもいいし、そういうのもあるかもわからない」とソフトバンクの内野手事情も影響しているのではないかと分析した。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

株主総会に「参加してみたい」が7割 - その理由は?
[10:13 7/27] マネー
「理想の夫婦」には顔に共通点がある!? 顔の専門家に聞いてみた
[10:02 7/27] ライフスタイル
テンセント、訪日中国人観光客向けの広告ソリューションを提供開始
[10:00 7/27] 企業IT
川口春奈&山崎賢人、至近距離で互いを…!? 『一週間フレンズ。』新画像公開
[10:00 7/27] エンタメ
日本IBMがWatson IoT事業の戦略を説明、パートナーエコシステム設立も
[10:00 7/27] 企業IT