王氏、カブスとマイナー契約を結んだ川崎に「アメリカが好きなんですね」

 

24日、『サンデーモーニング』に出演した王貞治氏

 24日、『サンデーモーニング』(TBS系)の人気コーナー『週刊 ご意見番』に張本勲氏と王貞治氏が出演し、カブスとマイナー契約を結んだ川崎宗則について言及した。

 ダイエー・ソフトバンクの監督時代に川崎を指導した王氏は「日本でやるならうち(ソフトバンク)でと声をかけました」というエピソードを披露。しかし、川崎は日本でプレーすることなく、マイナー契約ではあるが、今季もアメリカでプレーする道を選択した。王氏は「アメリカが好きなんですね。マイナー契約でもいいから、アメリカでっていうのは最初からそうでしたからね」と話している。

 また、張本氏は「(ソフトバンクに)帰ってきても、ポジションがないかもわからないのよ。ショートがいいもん。セカンドもいいし、そういうのもあるかもわからない」とソフトバンクの内野手事情も影響しているのではないかと分析した。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『ライオン・キング』実写化が決定! 監督はジョン・ファヴロー
[12:15 9/30] エンタメ
エプソンの最新スマートグラス「MOVERIO」を体験してきた - 映像が見るものから体験するものに変わる!
[12:08 9/30] スマホとデジタル家電
ブラピとアンジー、離婚申請前から家庭内別居していた
[12:03 9/30] エンタメ
椎名桔平、海外長編映画で孤高のヤクザ - 物語は任侠版『ラストサムライ』
[12:00 9/30] エンタメ
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第355回 三年間少しずつ
[12:00 9/30] 趣味