ドルトムント、3発快勝で後半戦白星スタート…体調不良の香川は出番なし

 

ドルトムントは再開初戦で3ゴールを挙げて後半戦白星スタートとなった [写真]=Getty Images For MAN

 ブンデスリーガ第18節が23日に行われ、ボルシアMGと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。

 2位のドルトムントが、4位ボルシアMGのホームに乗り込み、上位対決でシーズン後半戦開幕を迎えた。前節ケルン戦で3敗目を喫して前半戦を終えたドルトムントは、約1カ月ぶりの再開戦で白星を狙う。チームを率いるトーマス・トゥヘル監督も「準備はしっかりできている。勝利以外は受け入れられない」と意気込んでいた。なお、胃腸炎のためチーム練習を欠席していた香川は、ベンチスタートで再開初戦を迎えた。

 試合はドルトムントがボールを支配し攻勢に出る一方で、ボルシアMGは前線からマンツーマン気味に積極的なプレスをかけ、タイトな守備でドルトムントを封じる。序盤はお互いチャンスを作るものの、決め切れず膠着状態が続いた。

 ドルトムントは33分、マッツ・フンメルスの縦パスをヘンリク・ムヒタリアンがダイレクトでさばく。パスを受けたイルカイ・ギュンドアンが、ペナルティエリア手前中央で右足を振り抜くが、シュートはクロスバーに直撃し、得点とはならなかった。均衡が破れたのは41分、マルコ・ロイスが、ギュンドアンからのスルーパスでエリア内右に抜け出し、右足を一閃。シュートはゴール左隅に突き刺さり、ドルトムントが先制に成功した。

 さらに44分、ピエール・エメリク・オーバメヤンの折り返しを、エリア内左のムヒタリアンがフリーで右足を振り抜くが、ニアサイドを狙ったシュートは枠を捉えられなかった。前半はドルトムントの1点リードで折り返す。

 後半に入って最初のチャンスはボルシアMG。48分、左サイドからのクロスがファーサイドに流れると、エリア内右のイブラヒマ・トラオレがフリーでシュート。だが、飛び出したGKロマン・ビュルキにブロックされ、そのこぼれ球に反応したラース・シュティンドルのシュートも枠を捉えられなかった。すると50分、ドルトムントが追加点を奪う。フンメルスのボールカットからカウンターを仕掛けると、エリア手前右のロイスが中央に切り込んで逆サイドにパス。エリア内左でフリーのムヒタリアンがダイレクトで右足シュートを放ち、ゴール右隅に沈めた。

 しかし58分、ボルシアMGも反撃に出る。シュティンドルからのパスを受けたエリア内右のラファエウが、ワントラップで相手DFをかわし、左足を振り抜いてゴール右隅に決めた。1点差に迫られたドルトムントだが、カウンターを中心に攻勢に出る。すると75分、ムヒタリアンが右サイドから鋭いクロスを入れると、ゴール前に飛び出したギュンドアンが右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

 再び2点リードを奪ったドルトムントは最後まで得点を狙うが、試合はこのままタイムアップ。3-1で敵地でのリーグ再開初戦を制し、白星スタートとなった。なお、香川はベンチ入りするが、今シーズン初めてリーグ戦で出番がなかった。

 ボルシアMGは次節、29日にアウェーで日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツと対戦。ドルトムントは30日にインゴルシュタットをホームに迎える。

【スコア】
ボルシアMG 1-3 ドルトムント

【得点者】
0-1 41分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
0-2 50分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
1-2 58分 ラファエウ(ボルシアMG)
1-3 75分 イルカイ・ギュンドアン(ドルトムント)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー