ランドローバー「ディスカバリー」高級な外装の特別仕様車2モデル受注開始

 

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは21日、ミッドサイズSUV「ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー・グラファイト・エディション」「ディスカバリー・ランドマーク・エディション」の受注受付を開始したと発表した。それぞれ特別感の高い外装を特徴としている。

ランドローバー「ディスカバリー・グラファイト・エディション」

ランドローバー「ディスカバリー・ランドマーク・エディション」

「ディスカバリー・グラファイト・エディション」は「SE」をベースに、19インチ・アルミホイールをはじめ、ダークアトラス仕上げのグリルメッシュやフェンダーベントなどの専用デザインパーツを装着。エクステリアカラーは全9色を展開し、ボンネットとテールゲートには特徴的なブルネル色で「DISCOVERY」の文字を配した。インテリアにはステアリングホイールヒーター、ウッド&レザーステアリングホイール、インテリア・トリムフィニッシャー・グランドブラックを標準装備とし、高級感を高めている。

「ディスカバリー・ランドマーク・エディション」は「HSE」をベースに、専用の「LANDMARK」バッジや20インチ・アルミホイール、ブライト仕上げのフルレングス・ルーフレール、ナルヴィックブラックのミラーキャップを装備。スタイリッシュな外観としながら機能を強化した。エクステリアカラーには専用色のザンジバル(メタリック)、インテリアにはタンのウィンザー・レザーシートを採用し、さらにエクステンデド・レザーパックを標準装備としている。

価格は「ディスカバリー・グラファイト・エディション」が741万円で、2016年だけの限定販売。「ディスカバリー・ランドマーク・エディション」が900万5,000円(いずれも税込)で20台のみの限定販売となる。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】好調のアイス市場を牽引する立役者は「昭和生まれ」の“中年”商品!?
[09:30 6/27] 経営・ビジネス
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第6弾はトド松 夏のバイトを始める…
[09:00 6/27] ホビー
【コラム】航空機の技術とメカニズムの裏側 第23回 航空機の動力系統(10)エンジンの騒音低減
[09:00 6/27] 企業IT
外国人は日本人のお金の使い方、どう思う?
[09:00 6/27] マネー
【連載】イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第41回 編集もできるマイクロソフト公式アプリ「Microsoft Word」
[09:00 6/27] 企業IT