「僕たちが1番だなんて思わない」…スアレスが明かす“MSN”成功の秘訣

 

バルセロナで3トップを形成するメッシ、ネイマール、スアレス(左から) [写真]=FIFA via Getty Images

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスがクラブ公式チャンネル『バルサTV』のインタビューに応え、同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとブラジル代表FWネイマールについて言及した。22日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 今シーズン、ここまでリーガ・エスパニョーラ18試合に出場し、リーグトップの18ゴールを挙げているスアレス。ネイマールについて言及し、「今は、ネイマールはナンバー2だ。素晴らしい手本であるメッシからまだ学んでいる段階だね」と、現段階ではメッシには及ばないと明言した。

 しかしながら、スアレスの18ゴールに続く16得点を記録し、得点ランク2位につけている今シーズンの活躍を評価。「しかしながら、毎試合毎試合ネイマールは変化してきている。より多くのことができるようになっていて、いつかナンバー1なるだろうね。僕はプレーを楽しんでいて、謙虚でもあるところがとても好きなんだ」と、性格の面でもネイマールを称えた。

 一方、メッシについては、「レオ(メッシ)は世界一。ピッチでは憧れを抱かせるような存在だ。でも、ピッチを離れると、驚くほど静かでシャイなやつだけどね」と、世界一の選手だと強調した。

 最後に、「僕たちはピッチの中でも外でも仲が良くて、誰も僕たちが1番だなんて思っていないよ。それが最も重要なんだ。僕たちはチームのためにプレーし、お互いの素晴らしいプレーを楽しみ、チームの全てのゴールを幸せに感じているんだ」と、メッシ、スアレス、ネイマールの3トップ“MSN”が上手くいっている秘訣を明かした。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

IBM、国内のFinTech企業と「FinTech共通API」の接続検証を実施
[15:00 6/28] 企業IT
[トレンディエンジェル]今年はM-1出場せず 「得してるイメージない」
[14:39 6/28] エンタメ
セコム、ファイル検査付きインターネット分離クラウドサービスを提供
[14:37 6/28] 企業IT
【レポート】パウダースノーにてんこ盛り! 初上陸の韓国かき氷"ソルビン"は発掘も楽しい
[14:26 6/28] 趣味
【レポート】海外のラーメンブームに乗れるか? 吉野家が「せたが屋」で勝負に出る
[14:25 6/28] 経営・ビジネス