ドール、甘すぎない「低糖度バナナ」発売 - 高地栽培物より糖質1割控えめ

 

ドールは2月15日、「低糖度バナナ」を全国のスーパーや百貨店で販売開始する。また、2月28日に開催される『東京マラソン2016』の参加ランナーに、「公認バナナ」として6万2,000本を提供する。

運動中にさっぱり味で食べやすい「低糖度バナナ」(128円・税込~)

同商品は、フィリピン・ミンダナオ島の低地で栽培されたバナナ。水分が多くでんぷん質が少ないため、糖度が低いのが特徴とのこと。高地栽培のバナナと比較し、低糖度バナナは約13%程度糖度が低く抑えられているという。1袋(550g以上)の希望小売価格は198円、2本入りの希望小売価格は128円。

同社がアスリート800名を対象に行った調査によると、約5割のアスリートがスポーツの勝敗や記録の向上のため、"甘い味"より"さっぱりした味"の食べ物や飲み物を求めていることがわかった。「バナナ」についても、同様の傾向が見られことから、同社が協賛する「東京マラソン2016」公認のバナナとして、大会当日に参加ランナーに無償提供する。

※価格はすべて税込

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Apple Musicを楽しむなら、「Apple Musicギフトカード」の利用が断然おトク
[09:00 9/28] パソコン
C言語1000行以下のエディタ「Kilo」を理解する 第7回 シンタックスハイライトを知る
[09:00 9/28] 企業IT
なぜアイリスオーヤマは"こんな家電が欲しかった!"を形にできるか
[09:00 9/28] 経営・ビジネス
スマホ通信費を浪費しがちなNG行動5選
[09:00 9/28] マネー
【連載特別企画】ゼロから始める多要素認証 第2回 スマートに使えるセキュアなビジネス環境を構築するには - ユーザー編
[09:00 9/28] 企業IT