UEFA、ユーロ2016でゴールラインテクノロジーを導入…来季CLでも

 

2015年の女子W杯でも導入されたゴールラインテクノロジー [写真]=FIFA via Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は、今年6月から7月にかけてフランスで開催されるユーロ2016において、ゴールラインテクノロジーを採用することを決定した。22日、公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

 ゴールラインテクノロジーとは、ボールがゴールラインを割ったかどうかを機械で判定し、主審のジャッジを補助するシステム。2014年のワールドカップ(W杯)や翌年の女子W杯、プレミアリーグなどの欧州主要リーグで導入されている。

 ユーロ2016では、決勝トーナメントで同システムが採用されることとなった。また、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグでも、プレーオフ以降の試合でゴールラインテクノロジーを採用。さらに同シーズンのヨーロッパリーグ・グループステージでも導入することを検討していると発表した。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『夏目友人帳』OVA「いつかゆきのひに」を地上波初放送
[06:00 6/26] エンタメ
櫻井翔&小山慶一郎、日テレ参院選特番に冒頭から登場「歴史的な夜に」
[06:00 6/26] エンタメ
[欅坂46]結成1年目最後の日に“けやき坂”でライブ テレ朝夏祭りに出演
[05:00 6/26] エンタメ
欅坂46、デビュー1年目最後の日にけやき坂でライブ「すごく大事な場所」
[05:00 6/26] エンタメ
[内田理央]「MORE」連動の水着写真集 逢沢りなと2ショットも
[00:00 6/26] エンタメ