UEFA、ユーロ2016でゴールラインテクノロジーを導入…来季CLでも

 

2015年の女子W杯でも導入されたゴールラインテクノロジー [写真]=FIFA via Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は、今年6月から7月にかけてフランスで開催されるユーロ2016において、ゴールラインテクノロジーを採用することを決定した。22日、公式サイト『UEFA.com』が伝えている。

 ゴールラインテクノロジーとは、ボールがゴールラインを割ったかどうかを機械で判定し、主審のジャッジを補助するシステム。2014年のワールドカップ(W杯)や翌年の女子W杯、プレミアリーグなどの欧州主要リーグで導入されている。

 ユーロ2016では、決勝トーナメントで同システムが採用されることとなった。また、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグでも、プレーオフ以降の試合でゴールラインテクノロジーを採用。さらに同シーズンのヨーロッパリーグ・グループステージでも導入することを検討していると発表した。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「超☆汐留パラダイス」をアンバサダーアナが体験 - ガキ使バスは2台に増便
[08:00 7/24] エンタメ
山口宇部空港に初の国際線定期便就航 - 韓国・仁川線をエアソウルが週3便
[07:00 7/24] 趣味
サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第57回 厚生年金、国民年金にはしっかり加入する!
[07:00 7/24] マネー
NEWS小山慶一郎、間違えたら粉まみれ!「本物」と「食品サンプル」を見極める
[06:00 7/24] エンタメ
“プリンス”山崎育三郎の私生活が明らかに『おしゃれイズム』に登場
[06:00 7/24] エンタメ