練習合流の内田は2月に復帰か…シャルケ指揮官「まだ数週間は必要」

 

シャルケに所属するDF内田篤人(写真は2015年2月のもの) [写真]=Bongarts/Getty Images

 シャルケを率いるアンドレ・ブライテンライター監督が、24日に行われるブンデスリーガ第18節のブレーメン戦に向けた記者会見に応じ、負傷離脱中のDF内田篤人について語った。クラブ公式ツイッターが同監督のコメントを22日に伝えた。

 昨年6月に右ひざの手術を受けた内田は、今月17日からチームの全体練習に合流。約7カ月間の長期離脱から復帰が迫っている。

 22日に行われた会見でブライテンライター監督は、「アツトが(復帰に向けて)前進しているから嬉しいよ」と語るが、「彼は長い間離脱していた。間違いなくまだ2〜3週間は必要だ」と明言。内田の復帰は2月に実現する可能性があるという。

 シャルケは24日、ホームにブレーメンを迎えてシーズン後半の初戦に臨む。同監督は「試合には貪欲さと、いいプランが必要だ。そうすれば、後半戦は素晴らしいスタートを切れるだろう」と意気込みを語った。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

MSI、GeForce GTX 960Mを搭載する14型ゲーミングノートPC「GS40 Phantom」
[17:12 7/1] パソコン
重要性が増す企業でのCSIRT構築および運用における実態調査
[17:09 7/1] 企業IT
JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー