まさかの移籍宣言も!? 『プロ野球画報2015 東京ヤクルトスワローズ全試合』

 


      週刊野球太郎
    


「プロ野球のイラストを描くことが応援となり、チームの戦力になる!」

 そんな信念のもと、2010年から東京ヤクルトスワローズの全試合を描き続ける美術家・ながさわたかひろ氏。2014年12月には、同シーズンのスワローズ全試合イラストを一冊にまとめた『プロ野球画報』(ぴあ)を上梓し、話題を集めた。

 その作風・情熱ぶりは、日本テレビ系『スッキリ!!』、フジテレビ系『アウト×デラックス』、TBS系『櫻井有吉アブナイ夜会』、テレビ東京系『ネオスポ』など、各メディアでも紹介されたほどだ。

 そして昨年の「スワローズ14年ぶりのリーグ優勝」を受け、2015年シーズンの軌跡をまとめた『プロ野球画報2015 東京ヤクルトスワローズ全試合』(雷鳥社)が今年1月20日に発売される。“イラストで応援”という願いが遂に成就した今、ながさわ氏は何を思うのか。本人に話を聞いた。

◎2015年のハイライトは「胴上げ」と「館山昌平復活登板」

ながさわ「2014年シーズンのスワローズを一冊の本にすることはできましたが、チームは最下位。『ここで終わるわけにはいかない!』という思いがありました。それと、2010年から5年以上この活動を続けてきたことで、僕自身を応援してくれる人がすごく増えました。そういう声をいただく中で、『本ができたので、じゃあ辞めます』とはとても言えませんでした。それに、もし優勝し、胴上げで終わることができれば、『僕のイラストが応援になった』を証明することができるわけですから」。

 その決意通り、6年目にしてようやく悲願の「胴上げ」を描くことができたながさわ氏。その胴上げシーンとともに昨季のハイライトにあげたのが、シーズン中盤73試合目の「館山昌平復活登板」だった。

ながさわ「館山はほぼ2年間投げられませんでしたが、ヤクルトファンはずっと彼の復帰を心待ちにしていました。リバビリする姿はずっと追いかけてきたし、その姿に自分を投影するファンも多かったと思います。その館山が復帰し、本人には勝ち星はつかなかったけれど、チームに勝ちがついた。球場全体に『館山を勝たせたい』という気持ちが充満していました。あの時から、チームがひとつになった気がしています」。


◎自分ならどんなことでチームの戦力になれるのか

 今回、2冊目の本という形にすることができたことで「6年間の活動をようやく終わることができるんじゃないかなと思います」と語るながさわ氏。そして、「僕に続く人が出て来てほしいんです」と言葉を続けた。

ながさわ「僕がイラストによってチームを応援し続けてきたように、『自分ならどんなことでチームの戦力になれるのか』を考えるキッカケにしてほしいんです。必ず答えは出てくると思います。そして、ファン一人一人がそんな風に思える環境ができあがれば、野球界は絶対に面白くなると思うんです」。

 ながさわ氏はプロ野球、スワローズという球団で願いを成就した。だが、広い意味でいえば、それはプロ野球じゃなくてもいいはずだ。

ながさわ「どんな世界でも『自分だったら何ができるのか』を考えられる状況が作れるんだったら、世の中はもっと素晴らしい世界になると思います」。

「だから……」と、ながさわ氏は語気を強めた。

ながさわ「スワローズは、僕を選手として迎え入れてくださいっ! 球団として放っといていんですか? だって、優勝したぜ、と(笑)。もし、『うちでやってみないか』という球団があれば、ぜひ、話を聞いてみたいですね」

 まさかの移籍表明も飛び出したながさわ氏。まずは来月、2月1日からの春季キャンプは現地に赴くという。2016年シーズン、「ながさわ選手」はどんな活躍を見せてくれるのだろうか。

◆『プロ野球画報2015 東京ヤクルトスワローズ全試合』(雷鳥社) クライマックスシリーズ、日本シリーズを含む全152試合を著者のその日の出来事、心情を綴った文章とともに1試合1枚のイラストで掲載。また、“絵を描く”という独自のスタイルでスワローズとともに戦い続けた、ながさわたかひろの6年間を振り返る。巻末には2015年のスワローズ対戦カレンダー、選手成績をはじめとする記録集も付属。スワローズファンにとっては永久保存版となる一冊。


◆ながさわたかひろ
1972年生まれ、山形県出身。武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コースを修了。2010年、第13回岡本太郎現代芸術賞展にて特別賞を受賞し、同年より個展を開催。プロ野球のイラストを描くことが「応援となり、それがチームの戦力になる!」という信念のもと、2010年から6年間にわたり、東京ヤクルトスワローズの全試合をイラストで描きつづける。著作に2014年のスワローズ全試合を描いた『プロ野球画報』(ぴあ)がある。

◆2016年1月23日(土)まで、新宿区のギャラリー「eitoeiko」(東京都新宿区矢来町32-2)で『プロ野球画報/最後の聖戦』と題した展覧会を開催中


取材・文=オグマナオト(おぐま・なおと)


本記事は「週刊野球太郎」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

富士通、米ネットワークサービス企業TrueNet Communicationsを買収
[16:42 7/27] 企業IT
男性の育休取得が過去最高 - 2.65%に
[16:39 7/27] キャリア
バッファロー、Macですぐに使えるUSB 3.0対応の超薄型ポータブルHDD
[16:37 7/27] パソコン
[聲の形]新規カット公開 入野自由、早見沙織がアフレコ苦労明かす
[16:23 7/27] ホビー
夏、過ごしやすい都道府県1位は「北海道」 ‐ 過ごしにくいのは?
[16:20 7/27] ヘルスケア