Rust 1.6登場、コアライブラリ安定版

Rust - a safe, concurrent, practical language

Rustコアチームは1月21日(現地時間)、「Announcing Rust 1.6 - The Rust Programming Language Blog」において、プログラミング言語Rustの最新版となる「Rust 1.6」の公開を伝えた。Rustは安全性や実行速度、並列処理などに注力して開発が進められている新しいプログラミング言語。「Rust 1.6」ではlibcoreが安定化した点が特に注目される。

Rustの標準ライブラリは「libcore」と「libstd」という2つの層で構成されている。libcoreは必要最小限のコア機能を実装した層で、この層やプラットフォームに依存することなく動作する。libstdはlibcoreの上に実装されるライブラリで、libcoreでは実装していないメモリアロケーションや入出力、並列処理などを実装している。Rustを使って組み込み向けのオペレーティングシステムを開発する場合などはlibstdを使わずにlibcoreのみを使うこともある。

libcoreが安定版として認識されたことはRustを複雑ではないシステムのプログラミング言語として使用するにあたって大きな進展を見せたことを意味している。Rustコアチームではまだ実装すべき機能が残っているものの、今回libcoreが安定版になったことでlibcoreに関するエコシステムにとって大きな意味があると説明している。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事