好守連発で完封勝利に貢献…GK櫛引「人生で1回の五輪へ全力で」

 

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝が22日に行われ、U-23日本代表とU-23イラン代表が対戦。日本が3-0で勝利を収め、ベスト4進出を果たした。

 試合後、鹿島アントラーズGK櫛引政敏がインタビューに応じた。

 120分間、イランの攻撃を無失点に抑えた櫛引は「3点を取って、守備陣は失点ゼロで抑えることができて良かった」と、第一声。何度も好守を見せた自身のプレーについて「延長戦で1点取った後、大きなピンチで失点しなかったことが大きかったと思う。そこは自信を持っていきたい。ただ、最後のところでキックミスが多かった。1つ1つ戦って、成長していければと思う」と、手応えを示しつつも、改善点も口にしている。

 日本はイランのロングボールに苦しめられる場面が多かった。最後尾からチームを支えた櫛引は、「前半、相手は勢いよく長いボールを入れてきたが、うちはセンターバックに高さがある。落ち着いて対応しながら、そこ(センターバック)を越えてくるボールは自分がキャッチしに行ったり、そこの部分の判断は練習の中でもやってきた。イメージどおりプレーできたと思う」と、日々のトレーニングの成果を語った。

 日本は今大会、4試合を終えて1失点。PK以外ではゴールネットを揺らされていない。チームの守備力について問われた櫛引は、「チーム全体で守備をできている。今日みたいに、守備陣も最後の最後で踏ん張ってやれている。継続していきたい」と、自信を見せた。

 日本は26日の準決勝で、UAE対イラクの勝者と対戦する。櫛引は4日後の準決勝に向けて、「まず、次で勝たないとオリンピック出場はできない。人生で1回のオリンピックだと思う。チーム全体で全力で(出場権を)取りに行きたい」と、意気込みを語った。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮塔子「感慨深い思いでいっぱい」『NEWS23』でTBSレギュラー復帰
[07:00 7/26] エンタメ
広末涼子、湊かなえ原作ドラマ主演に! 姉との確執抱える主婦役
[07:00 7/26] エンタメ
高島彩、産休明けで立ち会い出産のエピソード語る - 3人目の意欲も満々
[07:00 7/26] エンタメ
多様な人材が働き続けるための課題とは? - 「JALなでしこラボ」が研究発表
[07:00 7/26] キャリア
「有給休暇取得をためらう」は子持ち正社員の6割 - その理由は?
[06:30 7/26] キャリア