五輪まであと1勝…手倉森監督、準決勝は「ますますしびれる試合に」

 

得点を決めた中島翔哉(右)とハイタッチをする手倉森監督(中央) [写真]=Getty Images

 U-23日本代表は、22日に行なわれたAFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝でU-23イラン代表と対戦し、3-0で勝利した。試合後、手倉森誠監督がインタビューに応じた。

 試合は、得点が生まれないまま90分が終了し、延長戦に突入。すると96分、右サイドのDF室屋成が鋭いクロスを供給すると、中央でフリーの豊川雄太が頭で合わせて、先制のゴールネットを揺らした。さらに109分には、中島翔哉がエリア脇の左サイドで右足を一閃。強烈なシュートをゴール右隅に沈めた。追加点の勢いをそのままに、再び中島がその1分後、エリア内左から右足の無回転シュートをニアサイドに突き刺した。

 延長戦で3ゴールを挙げての勝利に手倉森監督は、「本当、しびれましたね」と一言。「お互い硬かったし、相手も守備を頑張っていました。延長は覚悟しながら戦っていました」と振り返ると、「持久戦になれば、日本のほうがコンディションがいいので、いけるかなと思った」と延長戦を制す自信があったという。

 先制点を挙げた豊川については、「スタメンの予定だったが翔哉に代えた」と明かし、「出し入れした2人が活躍してくれた。良い流れですね」と自身の采配的中を喜んだ。

 日本は、ベスト8の壁を突破したことで、上位3チームに与えられるリオ五輪出場権獲得に王手をかけた。

「(選手たちに)奪ってみせろと言って、勝利を奪ってくれた。これをやるだけだと言いたい」と選手たちへ送る言葉を明かすと、準決勝に向けて「ますますしびれる試合になる。日本から多くのパワーを送ってください」と語った。

 日本は26日に行われる準決勝で、UAEとイラクの勝者と対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

菜々緒、ミニワンピ姿で美脚を披露「髪と悪女、脚は私の名刺です!」
[19:30 9/27] エンタメ
ヤフーの新オフィスがWebで公開 - 360度グルグル動かせる
[19:18 9/27] 企業IT
エレコム、手触りの良いソフトレザー製タブレットカバーキーボード
[19:14 9/27] パソコン
GIGABYTE、NVIDIA GeForce GTX 1060のOC仕様グラフィックスカード
[19:10 9/27] パソコン
綾瀬はるか、実家の飼い犬に「噛んじゃダメ!」
[19:00 9/27] エンタメ