山陽電気鉄道の新型車両6000系をイメージ、板宿駅に電車型「ローソン」登場

佐々木康弘  [2016/01/22]

山陽フレンズ(山陽電鉄グループ)とローソンはこのほど、「ローソン」初の電車の形をしたコンビニ「ローソン+フレンズ山陽板宿ちか店」を27日に開店すると発表した。

山陽電気鉄道の新型車両6000系をイメージした「ローソン+フレンズ山陽板宿ちか店」イメージ

山陽電車板宿駅改札前の駅売店を拡張し、両社共同開発による山陽電車沿線でのコンビニエンスストア第4号店としてリニューアルされる。山陽電気鉄道が今春導入する新型車両6000系を模した外観デザインとし、運転席にあたる位置には撮影コーナーを設置。電車グッズの特設売場なども設け、鉄道ファンや家族連れに楽しんでもらうことをめざす。取扱いアイテム数は約1,700品目、営業時間は6時30分から22時まで(初日のみ7時開店)となる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー

本音ランキング