2015年12月のPC国内出荷数、個人向けは持ち直すも法人向けが低水準に

 

電子情報技術産業協会(JEITA)は22日、2015年12月のPC国内出荷実績を発表した。2015年12月のPC出荷台数は前年同月比86.2%の82.3万台となった。このうち、デスクトップPCは18.8万台(同74.2%)、ノートPCは63.5万台(同90.5%)。

JEITA発表資料「2015年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績」

12月のPC出荷台数

12月におけるPC出荷台数は82.3万台。このうち、デスクトップPCは前年比74.2%の18.8万台で、内訳はオールインワン(一体型)が同77.0%の53万台、単体(本体のみ)が同73.1%の13.5万台となった。ノートPCは同90.5%の63.5万台で、内訳はモバイルノートが前年比104.5%の10.1万台、A4型・その他が同88.3%の53.4万台。全出荷台数のうちノートPCが占める割合は77.2%%となった。

出荷金額は、前年比94.4%の676億円。このうちデスクトップPCは前年比79.6%の151億円、ノート型は同99.8%の525億円となった。

JEITAでは、2015年12月の国内PC出荷台数の概況について、「個人向け市場は持ち直すも、法人向けが低い水準となった」とコメントした。

第3四半期・2015年(1~12月)の概況

2015年第3四半期(10~12月)のPC出荷台数は、前年比79.3%の167万台となった。このうち、デスクトップPCは同70.9%の42万台、ノートPCは同82.5%の125万台となり、全出荷台数のうち、ノートPCが占める割合は74.8%だった。出荷金額は前年比86.8%の1,470億円。このうち、デスクトップPCは同76.9%の371億円、ノートPCは同90.8%の1,097億円となった。

また、2015暦年計(1~12月)の出荷台数は、前年比67.8%の735.5万台。このうち、デスクトップPCは同57.5%の184.7万台、ノートPCは同72.1%の550.8万台で、全出荷台数のうちノートPCが占める割合は74.9%だった。出荷金額は前年比73.3%の6,291億円となった。

JEITAでは、「旧OSサポート終了にともなう需要増の反動減が継続した」と分析している。

統計の参加企業は、アップルジャパン、NECパーソナルコンピュータ、セイコーエプソン、東芝、パナソニック、日立製作所、富士通、ユニットコム、レノボ・ジャパンの計9社。

人気記事

一覧

新着記事

綾野剛、ライジング・スター賞で初NY! 謙虚な英語スピーチに拍手喝采
[21:00 6/30] エンタメ
役員報酬、1億円超は211社414人 - 三菱電機が最多
[20:55 6/30] マネー
約8割が週に1回以上は実感している「スマホ老眼」の症状って?
[20:50 6/30] ヘルスケア
【連載特別企画】アナログとデジタルをつなぐワコムのデジタルノート「Bamboo Spark」 第3回 Bamboo Sparkを超活用する
[20:49 6/30] パソコン
[松重豊]“ブラジルのグルメ”を絶賛 現地初訪問で「実際、おいしい」
[20:39 6/30] エンタメ