エルピクセル、論文画像不正対策のための類似画像検出システムを開発

 

東大発のベンチャー企業・エルピクセルは1月22日、ライフサイエンス研究に特化した論文画像不正対策のための類似画像検出システムを開発したと発表した。

同社は2014年から論文の画像切り貼りや加工などの不自然な箇所を検出するソフトウェア「LP-exam Pro」を販売している。今回開発されたシステムでは、ライフサイエンス研究分野の画像特有の特徴量を有効に利用し、一部ディープラーニングも活用することで、高精度の類似性画像検索システムを実現。切り取りや回転処理などを施した場合も検出可能となっている。

類似画像検出システム利用のイメージ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[欅坂46平手友梨奈]「ポカリ」美少女と制服姿で“中3共演” いじめを受け…
[18:05 7/2] エンタメ
双子タレントの「言動が揃う」は練習の賜物!? 衝撃の“あるある”にスタジオ激震
[18:00 7/2] エンタメ
[真田丸]“聖地”上田で特別展が開幕 三十郎ら家臣も駆けつける
[17:53 7/2] エンタメ
[知英]初の浴衣姿は男性用 “大股開き”「恥ずかしい」
[17:46 7/2] エンタメ
[注目アニメ紹介]「不機嫌なモノノケ庵」 妖怪の悩みを解決 「ガンガンONLINE」の人気マンガ
[17:30 7/2] ホビー