40年ぶりの大寒波が襲来 - ウェザーニューズが3日分の食糧確保を呼びかけ

  [2016/01/22]

ウェザーニューズは1月22日、2016年1月23日~25日までの期間で、約40年ぶりとなる大寒波が日本に襲来し、特に西日本を中心に広範囲で雪が降り、積雪が予想されるとの予測を発表した。

同期間に流れ込むことが予想される雪を降らせる目安となる寒気(上空1500m付近で-6℃以下)は西回りで沖縄~台湾付近まで流れ込むことから、23日の夜~24日にかけて、普段、雪があまり降らない九州や四国、中国の平野部でも10~20cmの積雪が予想され、公共交通機関などに乱れが出る可能性があるという。また、道路の通行止めなどによる物流配送の遅延や停電などの可能性も考えられることから、九州・四国・中国地方の居住者については22日中に約3日分の食料や灯油、電池などの確保を促している。

1月24日21時ころの日本上空の寒気予想図

さらに同社では、最低気温が-6~-3℃まで下がる地域では水道管の凍結に対する注意も喚起しているほか、冬型の気圧配置が強まる24日~25日にかけては、全国的に風が強いため、雪の降るエリアでは吹雪による視界不良についても注意を促している。

なお、このレベルの寒気が沖縄県の奄美大島の名瀬上空にまで流れ込んだのは、1977年2月16日以来とのことで、実に約40年ぶりの非常に強い寒気といえる。同社では、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「大雪ピンポイント天気」にて、雪や風のピーク時間・積雪・路面に関する予想および、鉄道・道路・航空への影響予測を都道府県別に公開しており、こうした情報を活用することで、安全を考慮した移動手段を検討してもらいたいとしている。

また、同アプリでは、全国に900万人以上いるウェザーリポーターに呼びかけ、23日~25日にかけて、ものさしで測った積雪量や路面状態をリポートしてもらう取り組みを行うことを予定しており、平日となる25日の通勤対策の参考にしてもらえれば、としている。

南西諸島における1月24日21時ころの上空1500m付近の寒気の状況予測

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

高畑充希、観客の公開プロポーズ成功に思わず涙「感動しちゃった!」
[16:00 5/29] エンタメ
海老蔵、ダルビッシュ復帰に感動「これが見たくて」「流石っすね」
[15:44 5/29] エンタメ
「マカロニほうれん荘」が携帯ゲームに!?ドット絵のゴリラダンスTシャツ
[15:20 5/29] ホビー
[本郷奏多]実写版「ハガレン」へ気合 エンヴィー役でビジュアル「近づけるんじゃ」
[14:08 5/29] エンタメ
東国原英夫、上西議員を猛批判「税金の無駄遣い」「即刻クビ」
[14:03 5/29] エンタメ

特別企画 PR