ドスパラ、Core i3-6100U搭載の15.6型ノートPCにWindows 7モデルを追加

 

サードウェーブデジノスは22日、15.6型ノートPC「Critea DX10」のラインナップにWindows 7 Professional搭載モデルを追加した。PCショップ「ドスパラ」にて販売を開始し、価格は税別64,980円から。

Critea DX10

企業に導入する際に、業務アプリケーションや周辺機器がWindows 10に対応していないといったニーズに応えたモデル。必要に応じて最新のWindows 10にアップグレードすることもできる。

主な仕様は、CPUがIntel Core i3-6100U(2.3GHz)、メモリがDDR3L-1600 4GB、ストレージが500GB SATA2 HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 520(CPU内蔵)、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、ディスプレイが15.6型HD(1,366×768ドット)、OSがWindows 7 Professional 64bit。

通信機能はギガビット対応有線LAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0。本体サイズはW380×D260×H24.9mm。

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』、10月放送開始! 新ビジュアルを公開
[16:55 7/29] ホビー
デル、直販サイトで「Surface Pro 4」を販売開始
[16:55 7/29] パソコン
スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア