沖縄も降雪!? 23~25日は40年ぶりの大寒波 - 西日本中心に列島各地で大雪

 

1月24日の寒気予想

気象予報サイト「ウェザーニュース」などを運営するウェザーニューズはこのほど、1月23日~25日の寒波と大雪に関する情報を発表した。

同社によると、23日~25日は約40年ぶりの大寒波が日本列島に押し寄せる見込み。同期間、日本付近は強い冬型の気圧配置となり、非常に強い寒気が流れ込むという。この寒気は西回りで流れ込み、西日本を中心に日本列島の広範囲で大雪となるため、各地で厳重な警戒が必要とのこと。

特に23日夜~24日は、普段雪があまり降らない九州や中国・四国の平野でも10~20cmの積雪が予想され、道路の通行止めや鉄道の運休、航空機の欠航など公共交通機関に大きな影響が出る恐れもある。

また、物流への影響や停電なども発生する可能性がある。同エリアの居住者は、22日中に約3日分の食糧や灯油、懐中電灯、電池を確保するなどの対策をとるよう同社は促している。

阪神や名古屋の市街地でも、5cm前後の積雪がある可能性があり、週末、車で移動する場合はチェーンや冬タイヤの装着が必要。北陸や北日本の日本海側でも雪が降り続き、積雪が50cmを超える大雪となるところもあるため、普段以上の注意が必要とのこと。また、冬型の気圧配置が強まる24日~25日は全国的に風が強いため、雪が降るエリアでは吹雪による視界不良にも注意が必要とのこと。

なお、今回の寒気は南にも広範囲に広がり、24日~25日は雪を降らせる目安となる寒気(上空1,500m付近で-6℃以下)が沖縄県~台湾付近まで流れ込む見込み。そのため、沖縄・奄美などの南西諸島や、台湾でも一時的にみぞれとなる可能性があるという。前回、奄美大島の名瀬上空に同水準の寒気が流れ込んだのは、1977年2月16日(上空1,500m 付近で-6.2℃)で、翌日には沖縄県の久米島でみぞれが観測されたという。

南西諸島付近の寒気予想

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事