ボーイング、747-8を月産1機から0.5機に減産 - 航空貨物市場の失速を受け

 

ボーイングは現地時間の1月21日、航空貨物市場の失速を受けて747-8プログラムの月産機数を引き下げることを発表した。

機材需要は強いものの航空貨物市場の失速により減産調整へ

社長兼CEOであるレイ・コナー氏によると、世界の航空旅客市場の成長や機材需要は強いものの、2013年後半から回復傾向にあった航空貨物市場はこの数カ月の間で失速し、747-8貨物機の需要が鈍化しているという。そのため、3月に月産1.3機から月産1機に引き下げ、9月にはさらに月産0.5機(2カ月に1機)のペースに落とす。

CFOのグレッグ・スミスは、「我々は継続的な生産を続けていくために、航空貨物市場の動向を追っていく。また、追加受注の獲得とともに生産システム全体の低コスト化に取り組んでいく」とコメントしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「辻利 宇治本店」が宇治に旗艦店--古民家にここだけの飲みくらべセットも
[05:30 9/28] 趣味
“ぱるる”に6人の個性派俳優たちが濃密に絡む!
[05:00 9/28] エンタメ
[昼顔]上戸彩&斎藤工の“不倫ドラマ”が映画化 濃密ラブシーンも
[05:00 9/28] エンタメ
島崎遥香は撮影初日から"デカ長のたたずまい" 『ナシゴレン課』共演者発表
[05:00 9/28] エンタメ
[香取慎吾]「ファンに一言」の呼びかけに立ち止まるも… 本心明かさず
[04:00 9/28] エンタメ