意外とハマる!? 密かにブームの“大人の塗り絵”でつくるインテリア

 
意外とハマる!? 密かにブームの“大人の塗り絵”でつくるインテリア

最近注目が集まっている大人の塗り絵。多くの書店で特設コーナーが設けられている注目のアイテムなのです。今回はそんな大人の塗り絵の魅力と、これを使ったインテリアについてご紹介します!


■火付け役は一冊の塗り絵本

これまであった子ども用の塗り絵が、キャラクターや動物などの簡単な下絵を大ざっぱに塗るものだったのに対し、この大人の塗り絵は、デザイン性が高い緻密な図案を自分で配色を考えながら塗っていくものです。

このブームの火付け役となったのは、2013年に発売された、ジョハンナ・バスフォード著『秘密の花園』という塗り絵本。細部まで書き込まれた下絵もさることながら、そのなかに小動物が隠れていたり、自分で絵を書き足すスペースがあったりと、自由度が高いところが話題になりました。そうして現在の大人の塗り絵ブームと発展するのです。


■大人の塗り絵でつくるインテリアを紹介!

ではここからは、大人の塗り絵をインテリアとして使用する方法を紹介しましょう。

まずは、アートとして飾る。美しく仕上がったお気に入りの作品は、壁などに無造作に貼っておくもよし、額縁にいれて棚の上などに飾るもよし。最近では塗り絵に、レース、ビーズを貼ってデコレーションするデコ塗り絵や、置物としても飾れる3D塗り絵などバリエーションも豊富にあります。

次はカレンダー形式の大人の塗り絵。卓上カレンダーの上部が大人の塗り絵の下地となっており、下部は通常のカレンダーとなっているのが一般的です(下部も塗るものや、壁掛けタイプもあります)。季節感を考えながら自分で色づけした美しいカレンダーが毎日を彩ってくれます。

壁紙版の大人の塗り絵も注目です。これは壁紙全体が塗り絵の下地になっており、マジックや色鉛筆などで自由に配色しながら、つくれるのがポイント。貼った後に剥がせるのりを使っているので、失敗しても大丈夫です。モノクロのままでも十分きれいですが、友達をよんでみんなでワイワイ塗るのも楽しそうですね。

大人の塗り絵の良いところは、だれでも手軽にはじめられるところです。まだまだ、寒さが続きます。そんなときはお部屋で、大人の塗り絵はいかがでしょうか?


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2016年8月24日の運勢

イチオシ記事

新着記事

ジェットスター・ジャパン、初の通期黒字化--中国本土など国際線拡大へ
[17:26 8/24] 趣味
スマイルワークスのクラウド給与計算ソフト、中堅企業向けに機能を強化
[17:25 8/24] 企業IT
朝食市場、活性化の鍵はカギはどの世代?
[17:24 8/24] マネー
高畑裕太容疑者出演ドラマ『侠飯』一部撮り直しに - 26日放送分から編集
[17:08 8/24] エンタメ
MSI、OC版Radeon RX 480搭載グラフィックスカード - 税別34,980円
[17:07 8/24] パソコン