持参したのにはワケがある! プロ野球ルーキーたちの「ぬいぐるみ」事情とは?

 


      週刊野球太郎
    


 この時期、スポーツ紙などで盛んに伝えられるのが「ルーキーの入寮」の話題だ。選手の笑顔でのガッツポーズとともに、服装や持ち物、部屋番号等が紹介されるのは、プロ野球の風物詩ともいえるだろう。

 今年のルーキーたちの持ち物で、注目すべきは「ぬぐるみ」。持参したぬいぐるみには、それなりの理由があるようだ。


◎出身地のご当地キャラを持参

 明治大から阪神のドラフト1位指名を受けて入団した高山俊。ドラフト時には、ヤクルト・真中満監督の勘違いもあり、野球以外の部分でも注目を集める格好となった。

 そんな高山が持参したのは、「ふなっしー」のぬいぐるみ。実は高山は、千葉県船橋市の出身で、ご当地キャラを抱えて関西へと乗り込んだのであった。

 かつてはキワモノ扱いされていた「ふなっしー」も、いまやゆるキャラ界トップクラスの存在感を誇る。地元の人気者との共闘で、プロ野球界の頂点を目指したい。


◎素晴らしい愛社精神

 出身企業・西濃運輸のマスコットであるカンガルーの「カルちゃん」を持参して、埼玉・所沢市の若獅子寮に入寮したのは野田昇吾。

 ドラフト3位で入団した野田は、指名を受けた直後の記者会見でも、「カルちゃん」を持って登場。同じ西濃運輸出身の先輩・高橋朋己投手への弟子入りを志願している。

 常に出身企業のマスコットを抱えてメディアに登場した野田。少しでも西濃運輸をアピールできれば……という愛社精神あふれる左腕が活躍すればするほど、出身企業イメージのアップにも貢献できるはず。勝負はこれからだ。


◎同じぬいぐるみを持参した捕手3人

 高山や野田らが持参したぬいぐるみには、ご当地キャラであったり、出身企業のキャラであったり、それなりの理由があった。しかし、不可解な事例もある。

 堀内謙伍(楽天ドラフト4位・静岡高)と、谷川原健太(ソフトバンクドラフト3位・豊橋中央高)、木下拓哉捕手(中日3位・トヨタ自動車)は、まるで打ち合わせをしたかのように、同じクマのぬいぐるみを持って入寮。チームが異なる3人が、なぜ同じぬいぐるみを持って入寮したのか? 謎のままだ。

 昨年は、DeNAの山崎康晃が犬のぬいぐるみを持参して見事、セ・リーグ新人王に輝いた。今年は、どのぬいぐるみが…ではなく、どの選手が活躍するか、注目したい。


文=藤山剣(ふじやま・けん)


本記事は「週刊野球太郎」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

NTTデータ、マイナンバーの公的個人認証活用の本人確認ソリューション
[11:47 7/28] 企業IT
シーラカンスの胸ビレから人間の腕の筋肉の原型を発見 - 金沢工大など
[11:44 7/28] テクノロジー
デジタル造形の「ホントのところ」徹底分析 - ワンフェス2016[夏]
[11:40 7/28] パソコン
横河レンタ・リース、従業員向けインストールパッケージ作成ソリューション
[11:30 7/28] 企業IT
[小倉智昭]「とくダネ!」が放送回数最多に 17年4カ月で無遅刻4452回
[11:17 7/28] エンタメ